違法性

老舗と称し、創業年数や営業年数を偽る悪徳・悪質業者

クレジットカード現金化する業者の中で、やたら老舗アピールをする比較サイトの情報や店舗のサイトが多過ぎるる気がしませんか?

ドメインエイジを叩けば簡単にわかる事ですが・・・。

▶️はじめてクレジットカード現金化する業者を利用しようとしている比較検討者に対して不適切では?

「さあクレジットカード現金化しよう」として、アレじゃないコレじゃないとお店を比較することと思いますが、どこも「うちは優れてる」という自慢なのか・・・よくわからない誇大広告の数に辟易しているのは私だけではないでしょう。

数少ない他と異なる記述を確認していきますと、よくあるポイントとして、創業年数の長さを推している業者が何社も存在していることが確認できました。

常に業者を観察している人なんていないでしょう。

我々消費者としては、ちょっと疑い深い金策を行おうとしているわけですから、安心して換金できるお店を探し出すことに躍起になる中で、創業年数という言葉のもつ意味は「それだけ長い月日営業をしているから問題ないだろう」という精神的な安らぎすら感じます。

中には「最後の老舗」という誰が検索するんだ?と疑問を抱かざるを得ないキーワードで検索エンジンのサジェスト対策を行い、比較検討者を誘導している業者もありました。

その業者は比較サイトでランキングに載らない業者の手口で、行き詰っている為にこのような不正手段でお客さんを取り込もうとしているのです。

同様に「老舗アピール」で集客しているお店は他にも見受けられますが、その創業年数は事業者側の告知事項で有り、実際にそれが有っているのが間違っているのかについて検証している比較サイトは1つも有りはしません。

そこで、やたらアピールしているお店のドメイン年齢を調べることにしたのですが・・・

総じて掲載されている年数と合うお店の数はごくわずかという結果です。

特定してクレジットカード現金化する業者をオススメするようなことをしたくは無いので紹介はしませんが、やたら営業年数が目立つ表記をしていたり、老舗感を醸し出しているお店は総じて悪徳な集客をしていると可能性がありますので注意が必要です。

創業年数はあくまでも事業者の言い値、例え年数が長かろう短かろうが、サービスの本質は同じ金策を目的としているのですから、後発のお店の方が優れていることだってあるでしょうし、メリットとしては挙げられないと理解してください。

とくにAmazonギフト券を取扱う場合、ギフト券自体の歴史が浅く、これまで検挙や逮捕の事例がまだ挙がっていない事をよい事に手順がかなり異なっておりますし、顔の見えない相手との取引であることを考えると、好き好んで利用するべきでは無いということを重々承知の上で申し込んでください。

管理人

私自身もクレジットカード現金化する事に頼らざるを得ない事も有りましたが、出来ればもう利用したくないということが本音ではあります。

別に嫌な思いもしたことはないですが、金策を考えなければならない状況は経済的にも惨めな状況であり、精神的にもポジティブに物事を考える事が出来なくなるからです。

業者に申し込みをするたびに、今回限り、今回限りと思っていましたが、他人に相談できるワケも無く助かったのは確かです。

あ・・・話が私の体験談に逸れてしまいましたが、この手のサービスに創業年数は関係が無いと断定できるのではないでしょうか。

老舗だから安心で安全なクレジットカード現金化できる業者?

業者への申し込みを比較しているのであれば、申し込みした先の業者が怖い人が運営していないか、騙されるんじゃないかという不安が有って当然です。

これは誰もが考える当たり前の事柄ですから、業者とは言え同じ人間が運営しているのですから、利用者の心情を察知した上で、このような広告文を考え掲載しているのだと感じます。

しかもネットやプログラミングに疎い人は、業者の告知欄に「〇〇は創業〇〇年を迎え・・・」なんて書いてあるのを見れば信用してしまいますよね。

先ほども記述しましたが、老舗と言っても同じクレジットカード現金化する行為には変わりませんし、以下のような事だって考えられます。

  • 換金方法が違法だが、たまたま営業を続けられている
  • 換金方法が合法だから営業を続けられている
  • そもそも老舗のような創業年数アピールは嘘である

業者が老舗と創業年数を偽れるような自由さがある背景には、貸金業のような業界団体が無い事も原因です。

宣伝方法に付きましても自主規制ルールなどがある貸金業と比べますと、各社が異なる換金方法を用意し「クレジットカード現金化」として営業を続けられる事も悪徳業者を生み出している要因でしょう。

だからこそ、なぜ業者を比較する事が重要なのか?記述しているわけで、

女性

「あ、老舗じゃん!あんしんだね♪」

なんて素直に理解してしまう事が勿体無いということがご理解いただけたのではないでしょうか。

悪徳・悪質業者に騙されやすい人の特徴

利用規約では認められていないが、法律上でクレジットカード現金化する事についての定義付けや、処罰等が無いという特殊な環境にある金策ですが、取引内容や商品の取り扱いの違いが逮捕される業者との違いを生み出しているようです。

毎年、年に一回程度のペースで、クレジットカード現金化する事に関するニュースが報道されてますが、それでもなんのこっちゃと言わんばかりに平然と営業を続けている業者は数多く存在します。

総量規制後に行われた、「見せしめ」とも受け取れる全国ではじめて悪徳経営者が逮捕されたニュースを受け、続々と自主的に廃業をする業者が数多くあった中、今でも運営を続けているお店が存在しています。

取り上げられる話題の中において、その業者が行っていた手口が公表されることになりますが、これを例題として容疑に掛けられた部分を削ぎ落として合法である手段を講じているものと考えられます。

管理人

個人も法人であっても、所得に関わる数字というのは中々誤魔化すことは難しいですし、めくられた時に言い訳が成り立たない出納帳では明らかにクレジットカード現金化を行っているとされれば、閉店することになります。

とくにパチンコ換金のような三点方式を用いた商品買取式を採用する業者の場合、それぞれが同じ業者では無く、異なる法人を用意していますので、その収支に関しては、れっきとした事業展開であることに加え、税金対策に伴う収支管理がなされているからこそ、高換金率で営業されているのではないでしょうか。

買取式の場合に言えることとして、販売と買取が同じで、常に販売された商品が高い確率で同じお店が買い戻している証が、義務付けられている帳簿への記帳で発覚すると、当然業者はトラブルになりますし、還元式にしてもクレジットカード決済で売上がやたら有るのも不自然ですし、こうしたところを考えているのではないでしょうか。

▶️電話に出る店員がすべてという訳では無く、その店員たちの上司に当たる人物は普段はどのような人なのかすごく気になりませんか?

業者が逮捕された際に、経営者のプロフィールを紹介されることがありますが、ほとんど暴力団関係では無く、たとえばクレジットカード現金化する事はオプションとして、本職は貸金業や、飲食店経営、古物商経営など、意外にもクレジットカード現金化する事を専業としている経営者が少ないのかなと感じます。

まあどちらが本職かはわかりませんが、頭の回転はよい人が多いと思います。

近年表立って目にする事の多い電子ギフト券の取り扱いにつきましても、掲載されている古物商許可番号を調べると、なんとビックリ、買取式業者が告知する許可番号と一致するではありませんかwww

その業者は、比較サイトのランキングや口コミなどを閲覧しても、評価が低く、あまり注目されていない業者と確認出来ましたので、売上に悩んで業態を変えたんでしょうね。

そもそも電子ギフト券が誕生したのはここ最近の話ですから、今後も第三者が開発・イノベーションサービスを応用(悪用?)して、媒介物として扱いが可能と判断されれば、また新たなクレジットカード現金化する事ができる、目新しいスタイルとしてプロモーションを見る機会も十分に有り得る話です。

クレジットカード現金化している利用者層の背景も問題

クレジットカード現金化する利用者は、年代別にみると、0歳から40歳代がもっとも多く全体の半数以上を占めているとされ、これを男女比で見ると半数以上が男性であり、職業別で見ると給与所得者が57%と半数以上を占める結果になっています。(独立行政法人国民生活センターのHPより引用させていただきました。)

そして2010年に貸金業法の総量規制が施行して以来、着実に利用者が増えています。

年収の1/3までしか融資が出来ないこの法律によって、低所得の方は審査が通らずクレジットカード現金化する方法で資金調達しているようです。

この原因の一つに「高齢化」が上げられるのではないかと考えます。

2017年現在、65歳以上の高齢者が全人口に占める割合は23%にものぼり、およそ4人に1人は65歳以上ということになります。

こうした高齢者の中には年金だけを頼っている人も少なくなく、その分収入は減りその結果可処分所得は少なくなる傾向にあるのです。

➡️貯蓄が無い若い人が増加⇒収入が無い高齢者が増加

何だかこの国は明るい未来がイメージできない悲しい状況ですね。

貯蓄がある年金受給者は年金で足りない分を貯蓄で補えるのでまだよいのですが、貯蓄がない若い世代の人は生活はかなり大変と言えるでしょう。

そして不思議とそんな貯金ゼロの状況下で急な出費で今すぐお金が必要といった局面が発生するものです。

親や知人や消費者金融やカードローンで借金できる人なら無問題でしょう。

管理人

ただ親であっても借金のお願いはなかなか出来ないものですし、知人となると・・・それこそ人間関係を壊す懸念もあるのでそれ以上にお願いし難いものではないでしょうか?

消費者金融やカードローンも総量規制の影響で審査が厳しく融資のハードルが高くなってます。

時間を作って店頭に出向かねばなりませんし、収入証明などの審査用書類を準備する必要もあります。

親や知人に借金するにせよ消費者金融などで借金するにせよ、かなりの時間と労力が必要となります。

クレジットカード現金化する業者なら、その様な急にお金が必要になった局面でも、利用可能なクレジットカードが有れば誰でも簡単に確実に即日現金調達できます。

親や知人や消費者金融などで借金する様な時間と労力もかかりません。

手続きはすべてネットで行えるなので、北海道なら札幌市でも千葉県なら柏市でも福岡県なら北九州市でも全国どこにお住んでいても自宅に居ながらWeb完結で即日現金調達ができます。

簡単便利なサービスですが、多数存在する業者の中には悪質・悪徳な業者も存在するのが現状です。

繰り返しますが悪徳な業者に引っ掛からないために業者比較には注意が必要です。

詐欺の被害に会った方がいるのも事実ですが、年々、相談件数は減少傾向である傾向が顕著にあります。

管理人

確かにグレーゾーンのサービスではありますが、クレジットカード現金化する事により助かった方達がいる事も無視出来ない事実でしょうし、今後はよりクリーンなサービスへと変貌を遂げなければ無くなるでしょう。

時代の流れはクリーンなものしか受け入れられないように変化しています。

業者も例外では無く、怪しい業者は排除され今よりずっと安全な業者が増えて行くはずです。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。