違法性

クレジットカード現金化する目的は規約違反

クレジットカード現金化する目的には、経済的悩みに対するひとつの処方箋ですが、利用の仕方を間違えたり何度も利用していたり、支払いが滞り、最悪換金目的で有る事が明るみに出てしまうと、発行会社から一括で即時払いを求められることがあります。

これはすべてのクレジットカード発行業務を行っている会社全体で、業界全体の取り組みとして換金目的のを認めていないために起こり得ることです。

下記に、要点をまとめました。

  1. 利用規約で定められている「期限の利益」の喪失

    利用規約違反を前提にしている事を考えますと、支払い日に支払いが出来ないことはもっとも避けなければいけません。

    当然トラブルを引いてしまった場合には、全債務の一括払いを求められるということですから、仮に分割払いやリボ払いを選択していたとしても同様の措置が取られます。

    しかし、これを知られなければ問題なく利用できてしまうということです。

    クレジットカード現金化する業者を利用する場合は、こうした点に注意し古くから営業している実績の多い業者を選び、出来るだけバレないようにすることが消費者側が気を付けるべき点です。

    余談ですが分割払いやリボ払いから一括払いを求められる場合、難しい言葉で「期限の利益」が喪失するという表現を使います。

  2. 今のところ規約違反だと知っておく
  3. クレジットカードの特徴として、商品を購入しても現金の引き落とし日まで支払いを後払いにできます。

    しかし、クレジットカード現金化すると後払いの利益を喪失することになります。

    民法上は期限の利益の喪失にクレジットカードの現金化は入っていませんので違法では無い、ということになります。

    しかし発行会社では、クレジットカード現金化する事に対しても、期限の利益の喪失として規定されているわけで、ほぼすべてのクレジットカード現金化する目的で決済された明細については、即時一括払いを求められる、ということを知っておいてください。

  4. 換金率・還元率は100%ではない
  5. せっかく利用するのですから、換金率・還元率が気になっている方も多いでしょう。

    できることならこのパーセンテージは100%かそれ以上がいいのですが、業者を利用する以上、還元率100%やそれ以上というのはまずありえません。

    業者を利用する場合、80%あればよい方であると言われるのが比較サイトでの総評です。

    たいていの業者では下回ることが多いので、とくに高額の現金を求めている方にとっては換金率・還元率がデメリットになってくるでしょう。

    業者は業者で「クレジットカード現金化する」ビジネスでやっているわけですから、当然、そこから儲けを出していく必要がありますね?

    そう考えると、換金率・還元率が低くなってくるのも当たり前なのです。

    換金率・還元率を低くして、取り分を多くしたいというのが業者の本音でしょう。(ボランティアではなくビジネスでやるからこその数値なのです)

規約違反以外に考え得るペナルティやリスク

クレジットカード現金化する行為は、規約違反だけでは無い事柄も考えられます。

管理人

お金がないときに役立つ存在ですが、今まさに閲覧されている方で、クレジットカード現金化する業者に依頼しようと思っている方もいるのではないでしょうか?

確かにクレジットカード現金化する業者たちは、安心安全に対応すると主張しているのですが、業者に依頼すると規約違反とはまた違う危険性も当然存在します。

悪徳業者に引っかかる可能性がある

業者に依頼する場合、もっとも危険なデメリットとなってくるのが悪徳業者の存在です。

事前に業者のことをしっかりと調べていれば避けることができるでしょうが、焦っているとどうしてもリサーチ不足になってしまうものです。

よさそうだと思って依頼した業者が悪徳業者だった・・・なんてことになれば、本当にクレジットカード現金化するどころの話ではありませんし、利用する前よりも状況が悪化してしまう可能性のほうが高いでしょう。

悪徳業者というのは、本当にあの手この手でお金を搾り取っていきますし、個人情報を他の業者に売り捌くことも可能性は否定できません。

「餅は餅屋」という表現がありますが、業者に依頼すればとりあえず安心で安全というのは都市伝説であり、リスクやデメリットは一番被りたくないですが、そのためには自衛しかありません。

利用停止

最悪のケースでは利用停止後、退会処分になります。

クレジットカード現金化したということ実が、発行会社で知られるようになると直ちに全額一括払いを要求されます。

次の支払日まで、といった猶予もないはずです。

その理由は、発行会社と利用者との間で予め規約として「クレジットカード現金化する事は禁止」ということになっているからであり、こうした措置は、審査の厳しい国際ブランドのクレジットカードほど厳しくなっています。

クレジットカード現金化する事においては、こうしたリスクも十分考えながら、頻繁に利用することのないようお金の使い道についてよく考えるべきでしょう。

最後にまとめ

  • クレジットカード現金化する目的で使う事は、発行会社では規約違反になっています。
  • その理由も「期限の利益」の喪失ということで、即時一括返済を求められます。
  • その案件の大小によっては利用停止後、退会処分になることもあります。
  • 自分で実行するにしても、業者に頼った時にもリスクがあるということを知っておきましょう。
ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。
関連記事
違法性

デメリットがあるという真実を教えます

2017年11月11日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
業者では利用者を募ることが目的のサイト構成になっていますので、デメリットにつきましては掲載は無く、手続きを進める中で注意事項として説明がある程度です。 一方で比較サイトで …
違法性

クレジットカード現金化する広告は違法ですか?

2017年11月20日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
業者が宣伝する広告機会は、年々確実に無くなっています。 違法性を懸念した考え方が世間一般的に認知されている事から、こうした商売に対しての風当たりは非常に強く、今ではこのサ …