基礎知識

電子マネーでクレジットカード現金化する方法

電子マネー

毎年新しい店舗が増えてはどこかしらが閉店するなど、入れ替わりの激しい様子があります。

新しい換金方法を行う店舗があれば、それに習って導入を進めたり、新店舗という形で多角経営をしている様子も確認されますが、クレジットカード現金化する行為の歴史とは?を紐解くと、近代では金券類から物品、そして最近は電子マネーを用いるようになっています。

少し前ではこうしたサービスを運営していても逮捕されることは無いとして、店舗も無店舗も関係なく、さらには広告も現在以上に誇大な表現だったことを記憶しています。

社会問題として取り上げられるようになってからは、逮捕されたことの無い手法に切り替えられ、それでもその方法がダメになるとまた新たな仕組みで換金する事を模索し始めているようです。

皆様はAmazonギフト券現金化という言葉を聞いたことがありますか?

Amazonギフト券を媒介する仕組みにおいて、買取式の店舗では古物営業許可証が求められるわけですが、金券や商品券とは違い電子マネーとしての見解で取引されている場合もあれば、違法性を懸念して公安委員会から営業許可を得ている店舗など対処方法は様々です。

クレジットカード現金化する事と同じ目的としているのですが、従来より使われる言葉から連想されるイメージとして、「ああ、業者からお金を借りるクレジットカード現金化する業者のことだな」とお思いの方も多いかと思います。

Amazonギフト券現金化とは、厳密には「クレジットカード現金化」する事と、「経費項目現金化」の2種類に分けられ、前者は所謂業者を介した買取型の仕組みを用いたお店で申込みをして現金を得るのに対し、後者は業者を介した場合も含めますが、それ以外の方法も含んでいます。

それ以外の方法とは何があると思いますか?

例としてはAmazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトカード、LINEプリペイドカードなどをコンビニで購入することが一般的です。

これらの券をクレジットカード払いや政治資金、会社の経費等で購入し、転売する方法です。

この時、来月の収入のあてがあるのであれば一括払い、もしくはボーナスが入るのであればボーナス一括払いといった方法を取ることで無駄な手数料を省くことが出来ますし、そもそも経費としての利用ですから、つまるところの節税、いや脱税を目的に利用していると考えられます。

その他にもQUOカード、nanacoギフトカード、楽天ギフト、WebMoneyなどもありますが、今回解説する方法とはあまり関係が無いので触れずにおきます。

例として挙げた4つのカードはamatenというサイトで高利率で換金することができます。

Amazonギフト券であれば99.8%から94%の間での出品が行われており、iTunesカードは98.1%から85%、Google Playギフトカードは99%から98.4%、LINEプリペイドカードは筆者が確認した際には出品がなかったのですが、これらの前例を見る限りでは最高で少なくみても90%、最低でも80%くらいの換金率があると想像できます。

Google PlayギフトカードとLINEプリペイドカードは出品数が少なく、一方でAmazonギフト券とiTunesカードの出品数は比較にならないほど多い為、後者の2つの金券を換金材料としてチョイスするのがベストと思われます。

大体どの程度の値段で出品するとよいかについては人それぞれの考えに寄るところが多いと思いますが、筆者の場合は「率」を昇順に並べたときに売りに出したい額と同じ「額面」に着目して大体3番目から5番目あたりの「率」を参考にすればいいのではないかと感じました。

しかし、今回は即売りたい方が対象となりますので、迷わずその時の最低価格での出品がよいでしょう。

amatenのサイトを実際にご覧になるとおわかりになると思いますが、かなりの高還元率が期待されます。

口コミなどを調べてみると、換金自体も大体30分程度で落札が行われスムーズに取引ができるようです。

時間を掛ける事が許される状況であれば、、月末を何とか凌ぎたいという方には必須のテクニックではないでしょうか。

プリペイドカード式の電子マネーの危険性

注意

安全な商品だと思われていたプリペイドカード式の電子マネーにも欠点が有ります。

実のところ、世間の認識は甘いと言わざるを得ないでしょう。

クレジットカード現金化する際も、プリペイド式電子マネーは利用できますが、詐欺・トラブルには注意が必要です。

クレジットカードに代替する新サービスとして近年電子マネーが登場しており、所持に対するハードルが低い事から急速的に普及しています。

また、クレジットカード自体にも電子マネー機能が搭載されており、サインレスで使える電子マネーとして少額決済なら積極的に使ったほうがいいと思いますが、たった一枚に個人情報が詰まっている事って…怖く感じませんか?

業者も個人情報の取り扱いがあるはずですから非常に気になる事です。

実際に世間を賑わせるニュースにおきまして、現在圧倒的に目にする機会が増えている「詐欺被害」の存在も知っておきましょう。

  1. プリペイド式だから安心、ではない現実
  2. ポストペイ型の電子マネーは、クレジットカードと同じ仕組みで先に物やサービスを購入してから、後日支払いを行っています。

    が、詐欺に遭ったり、使いすぎて失敗するケースが多いようで、所持するハードルが低いということはセキュリティ面において発行元が保証をしていない事が挙げられます。

    そこで、利用限度額を制限し安心して使えるプリペイドカード式の電子マネーが登場し、カードの使い方に慣れていない高齢者や若者がネット決済に利用することが多い特徴が挙げられます。

    しかし、目に見えないお金が動いているために商品やサービスがすぐに手元に届く利便性から、詐欺に遭ったことが自覚しづらくも取り戻せないことが多く、結果的に被害が増えています。

  3. 被害額は10万円以下が多い
  4. プリペイドカード型電子マネーに対する被害の最大である特徴は、1件あたりの被害金額が数万円から数十万円とそれほど多くないことです。

    先ほど取り上げましたように利用限度額の制限の存在から影響し、高齢者ばかりではなく中学生などが詐欺に遭っていることがあり、お金や電子マネーの使い方にまだ慣れていない人々が、仕組みを理解していないばかりに簡単に騙されてしまうケースがほとんどです。

    また、振込詐欺のように嘘の延滞料を請求し、コンビニでプリペイドカードを購入させ、そのID番号を写真に撮って送信させてお金をだまし取る事例もあります。

    一回の被害額が比較的少額のはずですが、何度も騙されて被害額が数百万円になるケースもあります。

  5. クレジットカードのように本人確認が無い事を忘れるな
  6. 電子マネーの詐欺被害は、クレジットカードのように本人確認が不要な点が最大の欠点と結論できます。

    電子マネーはID番号がわかれば誰でもどこからでも使える点が盲点で、クレジットカードなら不正利用時には返金措置が取られることがありますが、保証は「自己責任で」が基本的スタンスです。

    また、ほとんどのクレジットカードには保険もかかっていますので、ショッピング枠・キャッシング枠の両方において不正利用であることが証明できれば、まったく損をすることがありません。

    利用目的がアダルトサイトや出会い系サイトであったりすると、なかなか自分から被害に遭ったことを相談できないケースも多くなっています。

電子マネーがもつサインレスで、財布要らずというメリット以外にも、上記のようなデメリットがある事については公にされていません。

そして、このような電子マネーが換金の媒介物として利用されていますが、買取業者では本人確認が求められる事があります。

古物営業許可が無い店舗での買取については、本人確認が義務付けられている事は有りませんのでご注意ください。

※とくにAmazonギフト券が被害に遭う時の定番の購入商品となっており、これを使ったクレジットカード現金化する事を併用した換金方法も存在しているようです。ショッピング枠現金化優良店案内所より。

管理人

商品が違ってもサービスの本質は何も変わりありません。

こうした商品の多様性は、利用者にとって有益なものでは無く、運営者側にとって都合がよい仕組みだから採用されているものです。

たとえば、Amazonギフト券Eメールタイプの様に電子マネーを購入する事を求められる場合には、クレジットカード決済手数料は電子マネーの発行元に対して求められるものですが、従来型と比較しますと、業者側より指定される店舗で購入する事になりますので、決済手数料の負担が業者では存在していたものが無くなるのですから経費削減に一役買っています。

店舗型が無店舗型を非難する様に、Amazonギフト券Eメールタイプでの換金方法を採用している業者は、従来型の店舗を利用しないように批評しておりますが、当サイトから見ればどちらもまったく変わらないと考察します。

電子マネーを商品として換金する仕組みはまったく新しいということも無くなってきており、クレジットカード会社やAmazon側で換金目的による購入されている事実はすでに確認済みの事であり、換金性の高い商品として認知が進んでいる以上、利用者としては利用停止になりやすい商品とも言えます。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。
関連記事
基礎知識

クレジットカード現金化する行為の歴史とは?

2017年11月10日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
意外や意外、クレジットカード現金化する行為や事業者は、今に始まったサービスではありません。 与信枠に対して現金が手元に来る訳ですから、物々交換によって生活が成り立っていた …
基礎知識

比較サイトも業者のホームページと同様に注意して見る必要がある

2017年11月12日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
クレジットカード現金化する事に限った話ではありませんが、比較サイトや企業のサイトなどは誰かが作ったものであり、当サイトもその例外では有り …