基礎知識

審査が無いから自己完結の範囲内で現金調達ができる

現金が無い、でもあの人が助けてくれるから安心だ・・・なんて言える人ばかりではありません。

実家や親戚がお金持ちで面倒を見てくれるという、羨ましい(?)経済環境下にある人は限られた人数ですから、誰にも迷惑を掛けたくないという気持ちがあるからこそ、審査の無いクレジットカード現金化する業者が選ばれているようです。

信用情報機関での審査等が無く、自己完結の範囲内で利用できる事は、クレジットカード現金化する事のメリットです。

しかし、メリットもあればデメリットも存在し、「利用する縁が無い方」と「経済的に余裕がある方々」は、総じてこの現金調達方法について批判的になる事は人間ならば当たり前の心理です。

急な出費に困っていなければ縁は無く、困っていなければ利用する意思も働きませんし、困ってさえいなければ自らの意思で換金を希望する事はありません。

実際にクレジットカード現金化した者として、当時はこのサービスに助けられた事は事実であり、当サイトは基本的にクレジットカード現金化する事を希望・比較検討されている方に向けて各種注意事項等を掲載しています。

現金が必要とし、その為のサービスを利用するならば、必然的に債務と債権の関係が成り立つはずで、これに伴い各種審査や契約を交わすなどの手続き、さらに個人間であれば目には見えない信用を害する可能性だってあります。

これが普段利用しているクレジットカードのショッピングと同じ仕組みで買い物をする事によって、商品を買取・還元して現金を得る仕組みは数多くの比較サイトでメリットとして紹介されています。

傍から見れば他人事に過ぎませんが、当事者にとっては一大事です。

お金が無くて悩んでいる友人に対して、貴方はお金を貸し付ける事は出来ますか?

管理人

よく祖父にこんなことを言われました・・・「金を貸すなら返ってこないと思って渡せ」と。

余程お金に余裕のある方なら、躊躇する事なく渡すことも出来るでしょうが、人様に貸すお金を持ち合わせている人なんてわずかな方々です。

小さな悩みも大きな悩みも、「悩み」の二文字で済ませる事が出来てしまいますが、現金が無いということ態は人間として生活をする為のツールを失っているという一大事。

そのような人たちの需要に応えているのが、銀行や銀行系消費者金融の存在ですが、こちらに駆け込めばすぐに現金を手に入れる事が出来るということも保証されていません。

借金、融資を受ける事について、世間体を気にされているご職業や環境で何とか自己完結できないか模索している方々にとって、クレジットカード現金化する事は、タイムリーな現金調達方法であることは間違いありません。

審査が無い!クレジットカード現金化する業者の利用ステップ

業者は、貸金業者ではなく通信販売業者または古物商です。

キャッシュバック特典付商品をクレジットカード決済で購入してもらったお客様に、購入金額に応じて現金をキャッシュバックする仕組みや、購入した商品を業者が買い取ってくれる事で現金を手に入れるという2つのパターンが主流とされています。

受け取れる現金は、購入金額に応じた換金率・還元率によって算出されますが、その金額から振込手数料や商品送料、事務手数料等を差し引いた金額が受け取る金額となります。(利用金額によって優遇される傾向にあります)

  • 消費者金融などの融資とは違いますので、店員から支払い督促が来ることはありません。
  • 利用可能額は、ご自身のショッピング枠利用可能額の範囲内となります。
  • クレジットカード決済でショッピングをしたわけですから、購入商品の請求が業者からは来ません。

クレジットカード会社への支払いは、リボ・分割を支払い方法選択した場合には約2ケ月後から、ボーナス一括支払いや翌月1回払いを選択した場合にはボーナス時・翌月に1回で支払う事になるでしょう。

平均利用額

業者が対応している金額について明記されない事が多いのですが、主な利用者層が数万円から数十万円の小口の方が中心であるからではないかと考察されます。

審査が無い事はメリットでもありデメリットでもある

人に物乞いをするのは「コジキ」。

典型的な競争社会である日本において、客観視して自分を磨くことを忘れた人間がホームレスになっていくのであり、そのような底辺層がいるからこそ、それ以上の経済階層がある訳ですから、日本からこうした方々を0人にすることは非常に困難ではないでしょうか。

しかし、お金を貸し出す業者があるように、国が直接どうこうしてくれるのではなく、民間でそのような方々に向けたサポートやビジネスがあるのですが、金貸しや貧困層に手を貸すことで日本が良くなるとは到底考えられませんが・・・。

注意と矛盾

消費者庁や日本クレジット協会では、「クレジットカード現金化しないでね」と、注意を促す特設サイトがある位に、発行元がこれを目的に利用してほしくない事項で有る事がわかりますが、これは使い過ぎによる滞納を引き起こす事を危惧しており、そもそもスコアリングして予見出来る範囲で与信枠を設定する事の方が手っ取り早い滞納対策になると考えます。

予め年収の1/3と定めた総量規制の様に、クレジットカードを何枚も所有していようがその者に与えられる与信枠の残高を法律で決めてしまう事が一番効果が有り、発行元と所有者の間に本当の意味でwin-winの関係が成り立つのではないでしょうか?

現金調達の方法は民間企業のサービスだけではなく、行政・各自治体において、とくに低所得者層や特定理由によって就業が難しい方々を支援しています。

銀行や銀行系消費者金融、カードローンだけが現金調達方法ではないのです。

増加する支援策

幼稚園・保育所の待機児童問題や少子高齢化の様に子育て世代への支援が国内でテーマに掲げられていますが、社会情勢という大衆の意見を取り入れ、毎年既存の法の改正や立法が行われています。

それでも支給額は全額ではなかったり、給付の対象が現金では無かったり、一度支払ったのちの申請による給付、その他審査などを経由する事になりますので、即日性は皆無と言えます。

18歳で就業したり、進学したとしても20歳を超えれば大人=成人として扱われるのが日本です。

つまり、社会通念上は一人前ということですが、それはこれまで未成年というフィルターで守られていたフィルターが外され、経済環境も自立する事が求められますから、基本的には何事も自分次第となり、現金が必要になる事態も自らが招いているとも言えます。

だからこそ、なるべく自己完結で解決に導きたいと考える事は当然で、恥ずかしがったり非を感じる必要はまったくありませんのでご安心ください。

クレジットカード業というマージンを抜くだけの業界に明るい未来が有るとは考えられませんし、売上を確保する事に執着しなければ、よりよい対策方法やシステムが構築できるのではないでしょうか?

得た利益を還元するのが大企業の役目です。

貧困で悩む人間が金策をするくらい目を瞑ってくれよと言いたいです。

クレジットカード現金化する方法は、自分名義のクレジットカード一枚があれば、無審査でかつ即日で現金を手に入れる事が出来る優れたサービス内容で有ります。

が、消費者金融の方が手数料と利息を比較して考えた時に、最終的に使用した与信枠からの換金率を計算しますと圧倒的に消費者金融の方が有利で有る事は明らかです。

それでも申込みをしなければ、明日を生き抜くことが出来ない方だって居るでしょうし、そのような方にとって唯一の救いの手になっている事実は曲げる事は出来ないでしょう。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。