基礎知識

クレジットカード現金化する優良店とは?

とくに掲載される店名が多ければ多いほど迷ってしまう訳で、優良店と呼ばれる店は全体の総数から評価されるべきであり、まるで掲載される店舗がすべて優良であるかのような構成も確認できます。

昔から業者たちは、逮捕される業者が行っていた換金方法が明らかになると、買取式やAmazonギフト券の様に媒介する商品を変えたり、商品を変える事で表向きの業態を変化させることで営業を続けています。

当サイトでは、長年このクレジットカード現金化する業者を俯瞰して見てきましたが、どう考えても一つの組織で一つの店舗という業者の数はあまり無いと考えられ、単純にホームページの見た目だけでなく、サーバーやIPアドレスの情報等からもある程度、どの業者が同一組織による運営なのか判断する事は容易です。

このように、同一業者が複数店舗の営業をしていたり、問い合わせはもちろん、実際に利用した方の体験談や口コミからしても、業者の売り上げ規模間が大きい組織とそうでない組織と違いが見受けられ、とくに比較サイトでのランキングで評価されているか否かで、人気が決まっているとしか考えられないのです。

当然売り上げがあるということは、売り上げの無い組織よりも資金力があります。

管理人

利益を広告宣伝費に掛ける事が出来ますので、情報弱者をより囲い込みしやすい、つまり同じクレジットカード現金化する業者の間でも、売り上げが雲泥の差があることが予想されます。

しかし、やたらと見る機会が多いからと言っても、それが悪徳業者とは限りません。

資金力が豊富ということは、換金を希望する資金需要者等に対し、高い換金率・還元率で振込する事が出来るということであり、資金力が無い業者であれば暴利を貪る事をしなければ、大きな利益に繋がらないという皮肉です。

即日振込を狙うなら、比較サイトでのランキングを確認する事は必要不可欠です。

そこを逆手に取り、優良や悪徳も含めて全業者を掲載、批評する比較サイトもありますが、本来閲覧する我々としては不必要な情報であり、そもそも利用する価値の無い業者について知識を得たところで、人生における無駄知識にしかなりません。

業者が即日優良店と判断される定義とは?

クレジットカードのショッピング枠を換金する仕組みは多岐に渡っており、その中でも利用者が手元にお金を確認できるまでに日数を要する場合があります。

しかも一部では即日振込を告知していながら実際に手続きを行うと、これを覆される説明をされる場合もあることを実際に体験しました。

その店舗はとある比較サイトの中で優良店として紹介されていた事を信用して問い合わせをしたのですが、掲載される情報とは180°違う印象を受けたのです。

このような金策である以上、手続きはすべて即日で終わらせたいと望む訳で、しかもそれが即日対応=優良であると結びつく事は一切御座いません。

最近はホームページの見た目にこだわる店舗が増えましたが、デザインは安心や安全、優良店である事を保証している材料にはなりません。

女性

なぜ掲載するクレジットカード現金化する業者の数が少ないの?

管理人
当サイトで掲載されているランキング圏内の数は、最大で3つの店舗のみになっています。

しかし、他のクレジットカード現金化する業者を紹介している比較サイトを閲覧してみますと、3サイトどころではなく、ところによっては2桁以上もの店名がズラリと並んでいる場合もあり、検索結果上でも上位に位置する比較サイトも数多いですから皆様もお気付きになっていることでしょう。

酷いところですと、すでに閉店している店舗を一つのコンテンツとして掲載をし、閉鎖されている事をよい事にその店名の評価をあからさまに悪くして、特定業者への申し込みに誘導している様子もあります。

そもそも掲載する業者の数が少なくてよいと当サイトは考えます。

これは、我々消費者が実際に利用する際には、手元に欲しい現金が幾ら高額であろうとも複数の業者に対して申し込みをする事が無いからです。

その為に、当サイトの様な比較サイトとカテゴライズされる情報の場合、今現在比較検討者にとって有益な情報とはクレジットカード現金化する事を請け負う業者の優良店を探す手立てとなったり、この換金による現金調達方法に関する情報について、なかなか店員から説明される事の無い事柄を考察する事に努めています。

だからこそ、掲載される店舗の数が多いということは、比較検討者にとって迷いを生むだけの余計な情報に過ぎず、比較サイトに求められている事と相反すると当サイトでは考えています。

内容が酷い比較サイトですと、「20〇〇年上半期・下半期リサーチ第一位」、「〇〇部門で第一位」など、誰が・どんな調査機関で行われたアンケートなのかわからない意味不明な文言を並べています。

このように本来掲載される店舗の数は少ない事が当然と考える事が適切で、わざわざ悪質な店舗まで紹介する必要は皆無でしょう。

掲載される業者の数が多い理由について、「比較サイトを管理する側の意見」を掲載している比較サイトは多くありません。

買い物は悪い事では無い

クレジットカードをもつ方の多くはショッピング枠で買い物をする事にあります。

このサービスの特徴であるお金を目的に申し込みをしている比較検討者に対し、通常の買い物とは異なり換金させる為に商品を販売し、販売代金よりも安く買取をしている仕組みが公然と認められている古物商が抜け道となっています。

その為、現在営業してる買取式の店舗では、インターネット型や実店舗型に限らず本当のブランド品を購入させて、またあらためて店舗まで持ち込みをさせたり、インターネットであれば商品の郵送先を業者指定の住所にしてそのまま買い取る形で現金を振込んでいるケースも見られます。

お金が目的となっていると換金率や還元率について考えがちですが、上記の様な当たり前に存在する買取業者や商品販売に伴うキャッシュバックを得る際には、その金額についてあまり深く考える事は無いはずです。

つまり、クレジットカードのショッピング枠を換金する事の出来る仕組みをそのまま規制する事は、クレジットカードでショッピングする事を規制してしまい兼ねないものであり、換金方法について特定して違法としたところで業者は新たな仕組みを考え、資金需要者を集客し続ける事でしょう。

比較サイトが優良店舗と評価するランキング要素の項目とは?

他の比較サイトではなかなか評価算定方法について掲載されませんが、当サイトでは4つの評価項目がランキングの基準となっています。

  1. 換金率・還元率が高い
  2. 希望する予算が高額に成る程、パーセンテージも上げてくれる業者ならまだ優良店に分類されます。

    どれだけ利用回数を重ねても、高額な予算であってもパーセンテージが変わる事が無いという利益優先主義の悪徳業者も当サイトにおける調査で確認しています。

    当サイトで調査のご協力をいただいている現役の利用者の方から、悪徳業者の中には利用者別に換金率・還元率が異なる事例があることを利用された方のタレコミをいただいております。

  3. 即金・即日対応
  4. 貸金業であるかのような謳い文句で集客している店舗がありますが、実際に手続きを進めると振り込まれるお金の一部が即日で振り込まれるだけで、残りの金額は商品の返送や受取次第で振り込みをするということ例を私自身で経験をしています。

    悪徳な店舗ですと・・・それは詐欺に近い形です。

    残りの金額が振り込まれない事について何回も電話を掛けますと・・・「また申し込みをしますか?」

    ・・・・意味わかりませんよね?

  5. 店員の接客対応
  6. これは上記で挙げた例がまさにソレに当たりますが、横柄な態度であったり、ヤカラ口調で説明する店員は非常に多いです。

    女性店員が接客している店舗もありますが、女性だ・か・ら「優しい」とか「安心・安全」である事は何も保証されるものは有りませんし、女性でもこのような事業者の店員ですから、メンタルが非常に強い印象があります。

    いろいろと質問を致しますと、担当者が変わってヤカラみたいな店員に対応が変わる事もしばしばありますので、過度な頻度での調査は控えるようにしています。

  7. 比較サイトや体験談等のリサーチ
  8. これだけインターネットが当たり前の時代ですから、サイト構成やデザイン、ドメインやサーバー情報を調べれば、店員自ら作成していると予測される比較サイトが普通にあります。

    1つの比較サイトで評判が多い&評価されているとしても、それは本当に優良とは言い難いのが当然ですよね?

    多くの比較サイトや情報サイトでも評価されていなければ話になりません。

ショッピング枠現金化は、またの名をクレジットカード現金化と言います。

このように、換金する目的は同じなのに名称が異なる理由としまして、本来であればショッピング枠現金化という名称の方が正しいと言えます。

もしくは、「クレジットカード現金化」として、関係性を表すように記述するべきです。

  1. クレジットカードに付いている与信枠は2つある
  2. キャッシング枠は普通に発行元から融資を受ける為の与信枠
  3. 「クレジットカード現金化」として括るには、アバウト過ぎる

なぜかWikipediaでも、クレジットカード現金化という名称になっており、こうした状況が「業者にクレジットカードを送る事ではないか」という誤った認識を抱く要素になっていると考察されます。

管理人

名称が違っても、クレジットカード現金化する事に対する注意点が変わることもありませんが、キーワードが違えば検索結果の表示も異なります。

つまり、業者にとって広告の間口が広く設けられているということを比較する側として認識しておきたいもので、特定の名称で検索されるように意図的に対策を行っている業者には、くれぐれも騙されないように注意してください。

また、この現金調達方法をメリットたっぷりに紹介して、前向きに利用してもらう事を意図している悪徳比較サイトが蔓延していますので、なぜかデメリットについて記述が確認できない場合には・・・そういう事です。

はじめてこのサービスを比較検討している方にとって一番気になることは、違法性や店員による恫喝があるのではないかなど、お金を得られるというメリットの裏側ではないでしょうか。

「うまい話には罠がある」・・・うまいかどうかはさておき、少なからずお金が絡む事ですから慎重な考えを持って接する事は当然であり、大切です。

この手のサービスを事業とする者が逮捕されていないということは無く、危惧されている様に違法な店舗があった事は事実ですが、我々利用する側が逮捕されたという報道はこれまで確認されません。

POINT

しかし、クレジットカードを所有する上で「使った分は返す」ことが原則で、目の前のお金欲しさに支払いを踏み倒すつもりで申し込みする事は問題であり、ボランティアで運営されているものではありませんので、「金くれ」という勢いで店員に物申しても何も起こりません。

業として行っている以上、利益を追求するのが当たり前で店員に泣いて貰うなんて事は考えないようにしましょう。

誰かに何とかして貰いたい、自分ではどうにでもできないという方、金策についてあれこれ調べる中でこのサービスに行き着いたけれど、クレジットカードを持っていない、またはショッピング枠の残高が無いという方には債務整理手続きを司法書士や弁護士に相談するべきです。

債務整理によってあらゆる債権者に債務の減額交渉や、裁判所による効力を持って減額の和解を目指すなど、工面することと真逆の経済環境における問題解決方法と言えます。

業者の流行りはAmazonギフト券を使った広告展開

こうした業者を広告している機会を提供しているのは紛れも無くASPと呼ばれる会社で、しかもクレジットカード現金化するジャンルを扱う会社は限られています。

その会社の中でも、クレジットカード現金化するジャンルとの区別の一環で、「Amazonギフト券」を一つのカテゴリーとして扱っており、実態はクレジットカード現金化するサービスでありながら、Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化するジャンルの広告報酬を比較してみると、1万円以上もの差が生まれている事に気が付きました。

これはAmazonギフト券買取(現金化)の方が、報酬設定が低く見積もられており、ある意味経費削減を狙っていることと、換金率・還元率が高いから経費が掛からない様に見せかけて、実際は暴利を貪る経営方針であるということは何も珍しくはありません。

とくにこの手法での広告展開を好んでいる組織があるようで、業者として比較サイトで評価されない為に、こうした方法で宣伝しているものと考察できます。

クレジットカード現金化する業者では即日対応が基本です

サービスの概要は、「クレジットカードのショッピング枠を利用する事である」、という基本的概念については理解されたことと思いますが、その対応スピードは各社が行う換金方法の違いによって異なる場合があります。

比較サイトによっては、スピードというカテゴリーから見たランキングを作成されている場合もありますね。

しかし、当サイトで評価するにあたり、このスピードも評価される項目としており、時間を要する業者につきましては掲載しておりませんのでご安心ください。

即日対応を行う業者の割合は全体的に高いのですが、いまだに時間を要する換金方法で営業している業者もありますので、このような事も想定される事を片隅に覚えて各業者、各比較サイトを閲覧するように注意してください。

日にちを要する業者に限って換金率・還元率を高く見積もりしているところに付きましては、高い数値をアピールしていながら手続きが終盤に差し掛かって様々な手数料を請求される場合もありますので、即日で手続きが終わる事がもっとも望ましいのではないでしょうか。

このように、考え得る注意点やデメリットは一つだけではない中で、決済された金額が支払い出来ないということ態に陥ってしまっては、メリット・デメリット云々と言っていられない状況になってしまいます。

現金が手元で確認出来たら完了という形で紹介される事がほとんどですが、その使った分の金額をクレジットカード会社に払い終わってこそ、本当に完了であると当サイトでは考察します。

また、自分でクレジットカード現金化する事はオススメではなく、餅は餅屋と言いましょうか、専門家に対して、その支出はクレジットカード現金化する事が適切なのか、実は利用しなくても済む方法があるかもしれませんので、自分だけで抱え込まない方が賢明です。

クレジットカード現金化すれば経済環境が好転するとは限りません

よくある比較サイトの情報として、換金すれば今苦しい出来事から解放されるかのようにメリットを大袈裟に紹介し、特定業者に申し込みを誘導させるという仕組みをよく確認します。

この現金調達方法は確かに現金を得る事は容易ですが、そのお金は本来現金として引き出すことが出来ない存在であり、なおかつ与信枠を使用しているということは発行元から請求されるということで、一時的にしか機能しない事を忘れがちです。

そして、その与信枠を100%の割合で引き出すことは、どの業者に換金を申し込みしたところで実現させることはあり得ません。

100%はムリ

換金率・還元率を100%として取引される事を仮定しますと、申し込み者にとってはまるで自分の預貯金を引き出しているかのような感覚に陥ってしまいそうですが、これを事業として運営しているものは100%で振込をし、さらに決済手数料や振込手数料、商品仕入れ代金から商品配送料、その他人件費や事務所の家賃に光熱費、各種経費・・・などなど、利用者を募れば募るほど赤字が膨らむ一方です。

つまり、「クレジットカード現金化する事を請け負う」と看板を掲げ、運営しているすべての事業者は営利目的であり、少なくとも前述した様に赤字を出しながら営業をしている業者は皆無と言えます。

事業者の事情など、比較検討する側が考える必要はありませんがこうした背景について認識しますと、意外と業者間で換金率・還元率の差がべらぼうに異なる事が無い理由が理解でき、比較する側として、あまりにもこの現金調達方法を当てにしすぎる事は身勝手な注文となり兼ねません。

換金率・還元率の差は企業努力の差である

それでも希望する金額に対しての割合は、求める金額が大きくなればなるほど膨らみますので、事業者側も金額に連なって決済手数料等も上がるでしょうから、金額が高額になればなるほど、企業努力による提示金額の差が業者間での運営方針の違いを感じる事が出来ます。

中にはどんなに希望金額が高額でも、一切の優遇を受付する事は無く、方針として一律の換金率・還元率を貫くところもあれば、金額によって優遇措置を取っているところもありますが、基本的に高換金率・高還元率の業者は少額でも高い割合で提示してくれる事が、問い合わせ上でも多いと感じます。

利益を求める方針なら、どんなに我々がゴネても対応は変わりませんし、別に請け負うところは1つでは有りませんので潔く見切りを付けた方が時間も無駄になりません。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。
関連記事
基礎知識

高還元率でクレジットカード現金化する為に

2017年11月12日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
クレジットカード現金化する事は、社会的に批判を浴びている取引と言われて否定する人間など誰も居ないでしょう。 とくに発行元や関連省庁、金融機関はホルダーの債務踏み倒しに繋が …