基礎知識

クレジットカード現金化する行為の歴史とは?

意外や意外、クレジットカード現金化する行為や事業者は、今に始まったサービスではありません。

与信枠に対して現金が手元に来る訳ですから、物々交換によって生活が成り立っていた原始時代まで起源は遡ります。

お金の始まりは、石に始まり貝殻になり、青銅に金貨や銀貨、紙幣へと・・・そして現在の様な洗濯機に回しても破れにくい良質な紙材を利用した紙幣や異なる性質の金属を利用した貨幣に至ります。

堅苦しい事から記述しておりますが、現金調達をしたいという人たちの気持ちは今も昔も変わらない苦痛であり、無いモノは無いと支払いを突っ張りたいところですが、先人たちが築き上げた文化文明がそれを許してはくれません。

ここでクレジットカード現金化する行為の歴史に迫る前に、まずはお金の概念を理解しましょう。

  • 人間社会において、欲しいものや必要なものを手に入れるために使われる物体またはその概念である。
  • 人間が生活をしていく上で重要な要素の一つでもあり、命そのものだという人間もいる。
  • そして「価値の尺度」、「交換の媒介」、「価値の保蔵」の機能をもつ。
  • お金そのものは単なる紙や金属であり、そのものに価値は無い。
  • 日本のお金は不換紙幣、つまりその紙幣が示す金額の金(金属の「きん」)との交換が保証されていない。
  • 普段は意識しないが、「お金」の価値は、「お金はその同額のものと交換できる」という前提のもとに成り立っている。
管理人

お金がもつ数字への考え方は、潜在的に植え付けられた幻想でしかなく、世界各国の貨幣価値とのバランスにより為替相場が変動するように、人間社会が生み出した人間社会でしか通用しないルールであり、我々はその決め事の範囲内で贅沢な暮らしが出来る出来ないか決められているということです。

たかが数字の世界に振り回されている人間とは、本当は惨めな生物かもしれませんが生まれてきてしまった以上、貨幣社会とうまく付き合っていく他は無いんです。

さて、話はクレジットカード現金化する事に戻ります。

歴史を振り返っても質屋が街金として庶民の銀行として愛されていた歴史があるように、総量規制が施行された中で最後の最後で受け皿になれる金策方法は、クレジットカード現金化する事以外、見当たらないのではないでしょうか?

ネット社会になったことであらゆる情報がオープンになったことも有り、これまでクレジットカードで換金が容易の商品は次第に制限されていく様になりましたが、今現在でも専門業者や法の隙間を突いたギフト券の換金方法などまだまだ存在しています。

クレジットカード自体の歴史も50年程度の近代文明であり、電子情報でお金を管理する現代は、さらにお金に対する考え方を進化&促進させる時期、つまり成長期を迎えています。

その象徴としてキャッシュレスで購入できるものが増えており、今では車に賃貸料金、医療費から税金関連まで多岐に渡りますが、すべてつい最近始まったばかりの話です。

クレジットカード現金化する手段は、媒介物によって異なりますが、今は利用できても将来は規制される取引内容も増えていくことが予感されており、利用できるうちに利用しておくことのも悩みを解消する糸口になると考えます。

便利になっているからこそ信用情報の管理には慎重になってください!

国民一人に一番号が定められる社会になります。(マイナンバー制度の事です)

ひょっとしたらクレジットカード現金化する業者が、またブーム再来の事態になり兼ねない制度が施行されますが、あくまでも当サイトの仮説に過ぎませんが皆様はどのように考えますでしょうか。

気になる人は気になるし、気にならない人には気にならない・・・新制度「マイナンバー」のことです。

生活をする上で義務付けられているほとんどの社会厚生サービスのほとんどが関連する重要な制度となっており、当然ですが内閣官房のサイトに載っている情報です。

実際に国民へマイナンバーが通知されることですが、恐らくは住民票を基に郵送先が決められる仕組みでしょうから、これまでこうした個人情報の更新を怠っている人は痛い目に遭う恐れがありますし、個人情報がより行政と密接になり、しっかり管理しなくてはならないものとして蔑ろに出来なくなるでしょう。

ところでマイナンバー制度が導入されることで、世の中はどう変わるのでしょうか?

給料や人事のシステムや支払いシステムでマイナンバーが必要とされ、身元の定かでない方は支障をきたすこととなるでしょう。

また、個人情報が自分の成績と結び付けられるなどの不安もありますが、マイナンバーは特定個人情報にあたる為、悪用が見られた場合は罰則対象となるようです。

犯罪の発生が見込まれるから定められているのですから、必ずしも悪用される可能性は0%とは言えないと考えます。

また、個人情報の流動化により、下手をすると消費者金融からの借り入れ制限を受けたりする可能性も考えられます。

今のところ無断申請ができないという理由からそこを心配する声は挙がってはいないのですが、現在も個人情報の取り扱いは法律で保護されているにも関わらず裏で取り引きの材料として使われているのも現実です。

将来的に過去に借金をしたことがあることがバレて、消費者金融から事実上借り入れができないということ案が発生しないとは言い切れません。

POINT

そこでショッピング枠を利用して現金調達を行うクレジットカード現金化する業者が、総量規制施行後の久々のバブル期を迎える可能性が有ります。

ショッピング枠を使った金策であれば、それが借金であると断定することが難しいので安心してお金を作る事が可能となっており、オリンピックに向けたキャッシュレス社会の方針と相まってますますクレジットカードが普及する世の中になる事と推測出来ます。

ここでクレジットカードなんて持ったことが無いという方の為にお奨めをご紹介。

  1. 楽天カード
  2. ATM対応、ネットキャッシング可、リボ払いやボーナスでの1回払いや2回払いにも対応しており、与信枠の上限は条件にも依りますが大体100万程度まで引き上げることが可能なようです。

  3. イオンカード
  4. こちらもATM対応、ネットキャッシング可、リボ払い、ボーナスでの1回払い、2回払いにも対応しており、与信枠も楽天と同様に大体100万円程度まで引き上げが可能なようで、一個人が利用する分には十分すぎる内容です。

どうしてもクレジットカードが作れないという方には、審査の甘いスルガ銀行のVisaデビットカードがお勧めです。

口座残高を超えての利用は通常不可能であり、即時引き落としでない場合は口座残高を超えた取引が成立する場合もありますが、ただし1回払いしか利用できません。

これで、いざお金を借りなくてはならなくなったというときにも安心です。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。
関連記事
基礎知識

クレジットカード現金化する手順

2017年11月20日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
クレジットカードをはたしてどのような使用方法で、お店からお金を受け取るのか気になりますよね。 当サイトで実際に申し込みから換金をし、複数の業者に問い合わせを行い、手順に関する …