基礎知識

総量規制後の金策は貸金業者!現金化と銀行系カードローンを比較

貸金業者に電話する男性
この記事を要約すると…

  • 総量規制が及ぼす我々消費者への影響を知ることができる
  • 銀行系カードローンが流行している事情がわかる
  • 総量規制後の現金化と銀行系カードローンを比較することができる
今では違法として扱われる金利手数料の利率も、一昔前までは合法の範囲内、かつグレーゾーンとして資金需要者に対して当たり前に取引されていた時代がありました。

当時は自宅や職場への取り立ては当たり前の行為であり、社会問題にも取り上げれられ、今では考えられませんが闇金(ヤミ金)を経営する社長がテレビインタビューに堂々と答える姿も放送されていました。

そもそも総量規制ってなに?

札束

総量・・・全体の分量。全体の重量。
貸金業、債務整理についても分量や重量となる要素はズバリお金ですから、全体のお金=総額として考える事が適切です。
規制・・・規律を保つために制限すること。
上記の総額を制限するということであり、貸金業者から貸し出す金額の制限である事がわかります。

参考サイト:総量規制とは?

総量規制とは、年収の1/3までを借り入れの上限金額とする法律で決められた規制のことであり、貸金業者はこれを無視して貸付をすることで厳しく処罰されます。

この1/3を超えて取引をしている業者は、法律の範囲を超えているので闇金融と言えるでしょう。

しかし、この規制が及ばない借金の方法が1つだけ存在します。

それが銀行系カードローンの存在です。

銀行系カードローンとは?
〇〇銀行・〇〇信用金庫のように、普段皆様も預金でお世話になっている金融機関が提供するカードローンのこと。
総量規制は、金融機関以外の一般消費者金融・クレジットカードのキャッシング枠に対して及ぶもので、ショッピング枠は規制対象外です。
他にも、労金・保険会社・証券会社・オートローン・住宅ローンなども規制対象外となっています。

ショッピング枠は総量規制の適用外とは言え、経済環境に見合わない金額を設定することはありません。

発行後は利用状況と経済環境の変化によって、自ら上限の引き上げ申請ができるだけでなく、発行元が勝手に引き上げてくれることもありますが、上限いっぱいまで利用することは破たんを招きます。

総量規制後、これまで貸金業者にお世話になっていた資金需要者たち、つまり借りたいのに借りれないという人たちの矛先は多岐に渡りました。

これは総量規制の影響を受けないとされる、銀行系カードローンがまだ世間に浸透しておらず、すべての借り入れが規制を受けるという誤った情報も見受けられたためです。

クレジットカード現金化する業者もその一つであり、他には総量規制対象外とされる銀行系カードローン、闇金融です。

闇金融は2018年、近代化が進んだ現在でも営業している実態が、逮捕のニュースから読み取ることができます。
「出資法違反 逮捕」のワード検索から、その被害額と内容を見ることができます。

とくに銀行系消費者金融(銀行系カードローン)が一番この施行に伴って事業が拡大した成功者となっており、新●銀行が傘下としてもつレイクは日本で一番有名なアイドルグループを起用しており、ここのCMを見ない日は無いと言ってもよいくらい広告出稿していますよね。

各消費者金融は金融機関の傘下に入ることで業績を保った

某有名男性俳優や女優さんが赤い服を着て宣伝をしているところや、ストーリー性あるCMのモビットなど、テレビを見ている方はあまりに露出されている広告が頭に焼き付いているのではないでしょうか?

法改正によってこれまでの金利手数料、利息が過払いとして取戻し請求を掛けることが出来るようになったことで相次いで消費者金融は破たんし、生き残りをかけたサバイバルが繰り広げられました。

消費者金融から銀行系カードローンとする業務提携をした従来の消費者金融は、銀行の看板を掲げる事で生き残りに成功を納めており、消費者金融が流行っていたころを思い出すのような広告出稿力を示していることが自信に溢れた証拠と言ったところでしょうか。

POINT
その一方で、たしかに総量規制直後は賑わいを見せていたヤミ金も銀行系カードローンに顧客を奪われ、クレジットカード現金化する事も一時期は社会問題として取り上げられた事もあったものの、そうした話題を聞くケースが無くなってきています。

そもそも総量規制という概念が無い銀行系カードローンに打ち勝てる金策などあり得ないからでしょう。

ヤミ金は暴利ですし、クレジットカード現金化する業者では、いくら手間が省けても手数料を取られるもの。

手間や借金をする事に変わりが無いけれど、日本の金融機関が監修するサービスが何より安心感と、その他の金策よりも比較的よい条件の金利で利用できます。

それでもクレジットカード現金化に対して称賛し、よい事しか無いよという印象をアピールする比較サイトは、悪徳だと理解してください。

恐らく国内最強の貸金業者は銀行系カードローン。

実際に最初に挙げた店名を調べてみてください・・・●●銀行として会社概要に記載されており、文字通り銀行が有利になる格好を生み出したのが総量規制であり、確実に貸金業界の膿の排出に取り掛かっている様が見受けられます。

管理人
とくにアフィリエイト広告は高単価、好条件で出稿しており、これまでの消費者金融とは異なるインフラ環境と強気な広告展開を打ち出せなかった金融機関の思惑が一致しており、ますます貸金業と言えば「銀行系カードローン」が定着しています。

クレジットカード現金化する方法は、普通にお金を借りれる方も利用しています

一般的に消費者金融から現金を借りれる方は、クレジットカード現金化するはずが無い・・・と思いますよね?

実は、何も障害無くお金が借りれる方も、クレジットカード現金化する事があります。

どんなケースかと言えばご自身が貸金業者に勤めている場合や、法律に関わる士業に就いている場合、さらには自衛隊や警察官、国家公務員の方などです。

このケースの場合はキャッシングの借金履歴が信用情報履歴に残る事により、出世や社会的信用を損ねる可能性があるため、あえてクレジットカード現金化すると理由です。

公務員やリーガル系・その他肩書がモノをいうご職業の方も、本当に儲かっているのは一握りであり、収入が少ない方やそこそこ貰っている方でも金遣いが荒い人もいますし、不可抗力によって現金が必要という方もいるでしょう。

クレジットカード現金化する事が、現金を普通に借りれる方にとっても、個人の信用を守るという役目があるのは意外ですよね。

ショッピング枠を利用した買い物なので、信用情報には買い物をした情報しか残りません。

リボや分割払いは住宅ローンを組む場合は負債として扱われますが、通常の買い物では良くある事なのでマイナス評価は受けにくいのです。

今はフリーターでも将来は貸金業者や、上記のような職種に就業を希望される方や勤める予定がある方なら、少々手数料を高く見積もっても消費者金融は利用せずクレジットカード現金化する事も一理あるのかもしれませんね。

365日土日も対応している業者なら、夜中に申込手続きをしても当日の朝一から手続きを開始してくれるので、遅くても翌日の午前中には現金を確認する事が出来ます。

スマホがあれば日本全国どこからでも簡単申込出来るので、現金は普通に借りれるけど信用を損ねたくない方も一度検討してみるとよいでしょう。

クレジットカード現金化する事で、即日に現金を手に入れる事が出来ます

このサービスをまだ利用したことがないという方の為にご説明しましょう。
クレジットカード現金化する行為とは、クレジットカードのショッピング枠を決済し、業者と商品をやり取りすることでインターネットバンキングを通して振込を受けたり、店舗で現金を受け取る事で即日の金策が出来るという方法です。
換金率や還元率は利用額にスライドして優遇されるケースが多く、優良店と言われるところでさえも80%前後と低いのですが、キャンペーンや繰り返しの利用による優遇、または高額の申し込みを行うことで最高換金率である90%前後(会社により多少数字が異なります)に近い数字で換金が出来るとする店舗もあります。

決済はショッピング枠で行う為、分割払いを指定したときの利率がキャッシング枠よりも低く設定されているところが注目されています。

また、審査不要で、借り入れを行っても個人信用情報のリストに名前が載ることも無い為、住宅ローンなどの審査に影響しないというところも優れた点です。

借りる際にはインターネット上でのやり取りだけで済ますことができる為、周囲の人にばれずにお金を作ることができます。

最近では消費者金融や銀行系カードローンでお金を借りる人よりも、業者からお金を工面する人も増えてきているようで、申し込みをする理由も「急な出費で今月だけ乗り切りたい」「遊ぶためのお金がちょっと必要だった」など軽い感覚で利用する方も多いようです。

借金も返済さえしっかり行えば安心して便利に使えるような時代になってきているようですが、2017年現在、総量規制が施行されてから自己破産の件数がこれまで減少傾向にありました。

しかし最近になって右肩上がりとなっていると話題になっており、総量規制の影響を受けないとする銀行系カードローン、消費者金融各社では、これまで以上に審査を厳しくするという見方があります。

当サイトでは審査が不要である事はメリットでもありデメリットも兼ねていると考察しており、利用用途についていずれの金策でも詳細を説明する必要は求められませんし、利用額が低額であれば簡単な書類審査で終わってしまう事も珍しくはない貸金業でさえも、多重債務者を生み出してしまう可能性はあります。

貸金業者で言えば、なるべく多重債務者を生まない為に審査が一役買っているのですが、ショッピング枠の利用はすでに審査を受けた中で決められた上限金額の範囲内で利用となるものの、その上限金額が適切な金額設定になっているとは言えないからです。

実際に日々利用する事で実績が積み重ねられ、発行元からの信用が高いとして勝手に上限金額が引き上げられていたり、もちろん所有者側も再度申請する事で増枠する事が出来ます。

こうして考えてみますと、審査という言葉が何とも言えない威厳や厳しさみたいなものを感じますが、意外と有っても無いような存在なのかもしれません。

総量規制後も変わらない貸金業者の圧倒的な広告数

当サイトでここ数年感じている事ですが、広告の種類はテレビCMやネット、その他街頭広告など問わず、総じて貸金業者の広告が増えていると感じませんか?

実際に銀行カードローンCM、消費者金融の2倍 本数規制なくというニュースが、2017年5月13日にYahoo!のトップを飾っていました。

ふと疑問を感じるかもしれませんが、銀行系カードローンと消費者金融は同じ貸金業でも総量規制が及ぶ・及ばないと違いがある事については、いまだに周知されていることではありません。

銀行系とはまさに銀行が貸主となっており、銀行が行う融資・貸出審査には総量規制で決めた「年収制限」はまったく関係がないだけでなく、審査を保証会社に委託しているのがほとんど。

貸金業はサービス内容から広告の自主規制として、言葉遣いに気を使ってはいるものの、記事で紹介しているように広告の本数を掛けて集客しているのが実情なのです。

POINT
闇金融を利用してはいけない理由としてよく挙げられる事柄は、暴利を貪られるだけでなく事業者はそもそも正規の流れでサービスを提供しておらず、資金需要者は困っているから頼ったはずが、より困窮を招くキッカケとなるということです。
管理人
しかし、闇金融では無い、少なくとも法の範囲で営業をしている銀行系カードローンや消費者金融の利用でも債務に苦しむ可能性がまったく無いということはありません。
実際に総量規制後の2017年では、個人の自己破産申請者が13年ぶりに増加したということで、銀行系カードローンの貸し過ぎを危惧する声が出ています。

再び総量規制後の規制が及ばない銀行系カードローンによる貸し過ぎが近年問題視されたことにより、各金融機関が自主的に、つまり年収の1/3よりも低い上限金額を設定する動きがありますが、すべての金融機関がこの施策を行なっている訳ではありません。

総量規制による効果が頭打ちとなり、また自己破産件数が増加傾向にある中で、メルカリによるクレジットカード現金化する仕組みが社会問題化したことも記憶に新しいですね。

毎年なんらかの対策や法改正によって世の中が良くなるように考えているはずなのに、お金に関する社会問題が無くなることはありません。

表向きはクリーンな印象を与える表現や芸能人を起用しての広告展開とは裏腹にどんな企業が事業者でも、貸金業は貸金業、同じ法律の中で商売をしているのですから金利、利息等の手数料には差がありません。

借りたら返さなければいけない事は変わりが無いのです。

広告塔として引き受ける芸能人の方も、きっとギャランティも高いのでしょう…貸金業者を利用する事で苦しんでいる方がいるということ実を知ると、また世の中も変わってくるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化する事自体は、いまだに断定的に違法とされていないように、貸金業者も貸し出すことについて違法とされていません。

しかも上限金利は今現在よりも昔は倍の利率が認められている時代もありましたので、その時代のお偉いさんのさじ加減であり、貸金業という社会的生産性の無い仕事が儲かっているということは、国としても決してよい傾向とは言えないでしょう。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。