基礎知識

高還元率でクレジットカード現金化する為に

クレジットカード現金化する事は、社会的に批判を浴びている取引と言われて否定する人間など誰も居ないでしょう。

とくに発行元や関連省庁、金融機関はホルダーの債務踏み倒しに繋がるとして煙たがっているのにも関わらず、全盛期を過ぎたとは言え、今もなお運営を続けている業者が存在しています。

少なくとも需要が存在するからこそ、今日までクレジットカード現金化する行為を、専門とする業者が存在しています。

元々クレジットカード現金化する行為について、知る機会がそう多く無い事と健全な思考の持ち主であれば、これよりよい金策方法や打開策を見出せるはずですが、やはり情報社会と言われる世の中においても弱肉強食のカーストが存在しています。

ところで、クレジットカード現金化する時に、よく高還元率であることを強調する謳い文句について、はたして真実だと思いますか?

私の主観的立場から述べさせていただきますと・・・答えはNO!!

しかし、これはクレジットカード現金化する業者だけに限った話ではありません。

高還元率でも無いのに利用してしまう事になる背景には、そもそも引き出す事のできない与信枠を引き出せるというメリット、「無いから欲しい」という潜在的な願望を満たす事ができる、つまり利害関係が一致していると言えば聞こえはよいのかもしれません。

無いお金を手にできる訳ですから、ある程度の事は納得せざるを得ないということが正直な話でしょう。

POINT

本来であれば手にする事の出来ないショッピング枠を現金に換金できるのですから、頼れる人が居なかったり、業者に断られてしまった人にとっては好都合ではあります。

業者以外にも、頼れる人や引き受けてくれる業者が存在すればよいのですが、それはクレジットカード現金化する業者以外の銀行や銀行系消費者金融(カードローン)も貸金業者の一つ、営利目的の運営に過ぎないからです。

利用する事でお金が増える訳も無い事は、換金する以外の金策も同じです。

この「高還元率」について考えてみますと、利用者にとっての高還元率の考え方と、業者から見た高還元率の見方が異なるのです。

  • 利用者から見る「高還元率」
  • 100%に近くて、90%なら上出来

  • 業者から見る「高還元率」
  • 比較検討者が妥協する最低の数字、かつ他社

よりも高い

すべての事業者は、そもそも利益なしに業者は出来ませんので、業者間で比較された還元率の中で高いか低いかに重きを置かれ、比較している方に表示された還元率はフェイクである事がほとんどです。

我々消費者が気付かないうちに、後者である「他社と比較する事が高還元率に対する考え方」であると無意識に上書きされてしまいます。

利用した直後に抱く気持ち

  • 申し込んだ時間が銀行ギリギリだったのに、急いで処理してくれて助かりました!
  • 出張先の田舎町で、しかも土曜日に資金調達できるとは思いませんでした。
  • いつも利用させて貰ってます!還元率・振込速度ともに申し分ないです!
  • 怖いオニーチャンが対応するのかと思いきや、若い女性で緊張感ほぐれましたw
  • 急遽、旅行に参加することとなりお金ピンチに!高速対応で助かった!
  • 以前利用した業者は何だかんだ理由つけて翌日送金・・・ここは即日で助かった。
  • 現在失業中の身で消費者金融は貸してくれず・・・なので本当に助かります!

しかし、日が経ち支払日を迎えた際に訪れるのは、振り込まれた現金以上の金額が書かれた請求、引き落とし日がやってきます。

クレジットカード決済をするということで避けられぬ事象で有り、この日を境に成り立っていたバランスは崩れると考えます。

つまり、一時的な凌ぎに過ぎません。

管理人

これは前述の様にクレジットカード現金化する行為のみならず、正規の貸金業者でも同じことは言えますし、それ以外の金策を考えたとしてもこれに似たように、手数料や差額、リスク、その他何かを引き換えに現金を手にするようになっています。

たとえば、車やバイク、ブランド品など・・・、思い出が詰まっているだけに金策の為に手放すことはそのような情も生まれてくるものです。

ただ、1回ないし数回の金策で解決するのであれば、クレジットカード現金化する事を含め、何でも金策は有益であると私は考えます。

有益に活用できる条件として、先々に入る収入が有り、その収入がこれまでと同じ金額だとしたら、利用した分だけの手数料は節制して生み出した可処分所得から補うと考え、2回目以降の利用を極力避け引き落とし日には一括払いで終わらせる、という努力が出来るかどうかです。

金策を頼りにする事は、身を滅ぼすことになると理解し気軽に利用できるという誘惑に負けず立ち向かう根気を持ってください。

業者が表記する換金率・還元率は「どんぐりの背比べ」

業者のホームページを見ますと、誇らしげに高換金率・高還元率を示していますよね。

数字を出している業者を比較しても、その差が10%以上異なるというケースはあまり見られず、「弊社は低換金率・低還元率です!」とアピールする業者は皆無です。

どこを利用してもよい数字で取引してくれるんじゃないの、と一見しただけではこの様な印象ですが、現に悪徳業者と呼ばれる存在もこうした表示をしているからこそ当てにならないのです。

銀行や銀行系消費者金融でも手数料を請求されますが、クレジットカード現金化する業者に関しましては、差額が業者にとって粗利となるはずですから、利益追求型の経営方針の業者はその差額が必然的に大きくなります。

逆に優良店でも経費は掛かるはずですが、利用者に利益還元をどれだけ出来ているかが、業者ごとに異なる数字の実態ではないかと当サイトでは考察します。

POINT

これは扱う商品の違いだったり、経費削減を意識していなければ実現が出来ない事柄です。

換金率・還元率はさておき、実際に取引される金額(数字)を具体的に問い詰めますと、店員も言い逃れ出来ない事が実体験上でほとんどであり、業者を比較している段階で確認してください。

本当にその受取金額を提示して来たなら、その業者は良心的な業者ということも出来ます。

また、最近は女性オペレーターが対応している業者が多いようで、女性だから安心という保証は何処にもありませんのでご注意ください。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。
関連記事
基礎知識

クレジットカード現金化する事で後悔しない為に

2017年11月9日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
クレジットカード現金化する業者の口コミや体験談の多くは、換金する事に対して利用して良かったという内容が多く目立つのですが、すでにあらゆる情報が出回っている中で、使い方を誤ればま …
基礎知識

比較サイトも業者のホームページと同様に注意して見る必要がある

2017年11月12日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
クレジットカード現金化する事に限った話ではありませんが、比較サイトや企業のサイトなどは誰かが作ったものであり、当サイトもその例外では有り …