基礎知識

【失敗した】業者の手数料は高い!【キャンセルできない】

どんなに比較サイト等で優良店として評価されていても、手数料の発生は避けられない支出項目でありますが、利用する我々消費者側としては目の上のたんこぶ的な要素です。

業者から差し引かれる事になる「手数料」は高い事をご存知でしょうか?

各種比較サイトではどこもかしくも、このサービスは他の金策よりも優遇される記述が目立ちますが、営利目的で運営されている以上、誠に残念ですが手数料は避けられません。

便利なクレジットカード現金化する方法ですが、その手数料を正確に計算するとキャッシングよりも高くつくことがあります。

注意

このサービスが貸金業に該当するか否かで出資法または利息制限法の適用が変わりますが、業者より購入する商品、換金に使われる商品に要注意!でも記述している様に、商品を媒介させている事で貸金業ではありません。

が、当然商品が取引されていない換金方法は違法、つまり無登録の貸金業を営んでいる事に加え、利息制限法と出資法で定める上限金利を超えた取引も兼ねていれば併科され、闇金業者として判断されます。

それでもなお、換金を求める方は後を絶たないと言います。

そんな失敗が無い様に、出来るだけ手数料の安い優良店を選ぶ事が、お金を求めている消費者の第一評価項目に挙げられている訳です。

  • 換金率・還元率が高くても、手数料が高くなっていることもある!
  • 優良店と悪徳店の区別、店舗型と無店舗型の区別にも拘わらず、ホームページ上では換金率もしくは還元率に関する記載をよく目にしますよね。

    比較検討者が一番気になるポイントになりますが、当サイトではこの項目については優良店の評価基準として重きを置いておらず、手順を進めると換金率と還元率では掲載されていなかった各種手数料の説明が浮かび上がってくる事があるからです。

    クレジットカード現金化する過程では、利用者が手数料として金利の代わりになる金額を支払いますが、その支払方法は業者から受け取る現金と、ショッピング枠から引き落とされる金額との差額です。

    しかし、この手数料は、厳密に法律に則って計算されたものでなければ決まり事は一切存在しませんので、場合によっては利息制限法の利息を超えている場合があります。

    貸金業法における利息制限法では最大で年20%の金利に制限されるモノですが、業者による手数料は利息として考えていない場合もあり、業者側も利息として捉えず、あくまでも換金率や還元率という意味で設定しているわけです。

  • 手数料をどうしても支払いたくないなら利用を控える
  • 取引内容に筋が通らなければ、出資法違反として刑事罰が課せられるため逮捕される場合があります。

    規制も厳しくなっていて、クレジットカード現金化する業者につきましても、あからさまに営業できなくなってきています。

    しかし、違法とはいえない業者も利用の際に実質手数料を計算してみると、取引内容は合法であっても高額な手数料が含まれる可能性があります。

  • クレジットカード現金化する方法には、支払い方法に選択の余地がある
  • 簡単に現金を手に入れることができますが、支払はクレジットカード経由です。

    基本的に一括払い時における請求内容と、割賦払いを選択した際に生じる金利手数料により、それぞれの支払い方法の違いで負担額も変わります。

    ですから、年払いの金利を計算すると、とんでもない金利になっている場合が!分割だろうがリボ払いだろうが、金利がさらにかかります。

即金として困難な状況を乗り越える為に求めるのか、さらに我慢して利用をしないという選択もありかもしれませんが、すでにこの換金を模索している方は前者になるでしょう。

コレだけの怖さが有りながらも、さらに商品によっては媒介する事を禁じられているAmazonギフト券や楽天スーパーポイント等で換金を助長させている換金市場は、今後何等かの法規制が介入しても可笑しくは無い事が予想されます。

経済環境の精神的不安が、業者に騙されて失敗を招く原因

経済環境に対する不安が、クレジットカード現金化する事を後押しする例としまして、一人の体験者が当時の状況に応えてくれました。

業者に申し込みをして、何とか資金を工面できる事は確かですが、デメリットも本当の意味で考えなくてはいけないようです。

男性

私は3500万で家を購入した際に、ローンの頭金で700万ほど借金をしたことがあります・・・。

月々の支払いは8万程度プラス借金返済で合計11万弱でした。

それなりの出費ではありますが、毎月都内でそこそこよい賃貸マンションで先の見えない賃料を払うよりは、家を買ってしまったほうが

よいと考えていたので長く見ると得だと考えて購入を決めました。

毎月安定して支払いをしていけば何の問題も無かったのですが、ある時私が脳梗塞で倒れて手術と入院を余儀なくされたことがありました。

医療費は保険である程度どうにかなったのですが、その時急な出費で慌てた妻が「クレジットカード現金化」というサービスを専業とするお店から50万ほど都合してしまいました。

丁度その時にそういった業者からの広告がスパムメールで入っていた事を思い出し、利用してしまったとのことでした。

妻は日ごろから消費者金融からお金を借りる生活はしたくないと考えており、また実際に借りる生活も送ったことが無かった為、急にお金を用立てなくてはならなかったことや、私が倒れたことによる不安からそのような行動に走ってしまったようです。

家族に心配をかけてしまい今でも悪いことをしてしまったと思い返すことがあるのですが、もう過ぎてしまったことなので忘れるように心がけています。

しかし、この時の経験は苦いものでまだ完全に忘れるといったことができずにいます。

「クレジットカード現金化」する業者のターゲットは、まさに私の妻のように「切羽詰まった状況」の人をターゲットとしています。

具体的にどのような手口でやり取りを行うかというと、妻から聞いた話ではまず業者がショッピングサイトなどに出品されている普通の商品の購入を勧めてきます。

これは実は業者が出品している商品で、これをクレジットカードで買い取った後、それを再出品するよう促されます。

そして再出品したもののURLを業者に伝えて買い取りをしてもらい、確認後に振込をするという内容で用立てたということでした。

支払いは分割で12回払いにしたということで、利息を計算してみると全部でプラス10万ほどかかる計算になりました。

年利としては20%・・・まったく酷い話です。

私は妻に悪いところがあったとは思っていませんし、このような急な状況で精神的に安定していないときを狙ったこういう商売があることが悪いと考えています。

確かに工面出来たことは確かなんですけど・・・。

皆さんもこのような商売があるということとそれに伴うリスクを考え、日ごろからいざという時の対策を練られたほうがよいでしょう。

幸い今は業者から借りたお金はカード会社に無事完済することができたので、よい勉強になったのかなと考えるようにしています。

手数料は業者間で異なり、「手数料を差し引いた形での換金率・還元率の表示」または「手数料を差し引いていない形での換金率・還元率の表示」のどちらかである事が多く、もっとも後者の方が即日対応を希望する方の魅力的に移るはずで、多くの場合で後述した方が多く見られます。

業者も商売ですから赤字になるような形での取引は決して行う事は有りませんので、過度な期待を抱いてしまい、このサービスを利用すると、「根本的に支出の悩みが解決するんだ!」など決して考えないようにしてください。

「ショッピング枠の残高がすでに無いけれど、どうにかしてくれる業者があるんじゃないか」というお考えの方に致しましても、そのような形で請け負う事は一切ありませんし、もし可能として集客しているところでは、場合によって番号等を不正に利用する為に詐取される危険性も存在します。

その場合、認定司法書士や弁護士に債務整理の相談をする事がもっとも建設的な行動ではないかと当サイトでは考えます。

業者選びの比較を失敗!?それとも利用しなかった方がよい場合

誠意の無い業者を利用することで、人生の底辺を味わう羽目になるかもしれません。

これは嘘でもなく、とくに無職や専業主婦で収入の当てが無いにも関わらず磁気カードを所有している方は高確率であることが予見出来ます。

業者によっては手続きを進める為の対応に終始し、肝心の注意点や利用後に生じる可能性があるトラブル等の説明がまったく無く、何かあってからサービスのデメリットに気付くというパターンがもっとも怖いところで、だからこそ優良店を探す為に比較サイトを閲覧する事は間違いではありません。

自分よりも、他人がこの方法でお金を工面している実情が気になりませんか?

隣の芝生は青いなんでことわざもありますが、実は身近な人もこのサービスを利用した経験があるかもしれません。

人には決して言えない悩みですし、実際に私の友人もよくよく聞いみたら経験者だったということもありました。

優良店を探す方もいれば、体験談や口コミを頼りに選択したいと考える方もいらっしゃるでしょうし、比較の方法は様々です。

そもそもこの金策方法を選ぶ理由は主に二通りです。

  • 知り合いに頭を下げることが出来ない、頼りが居ない、断られた
  • 消費者金融に抵抗がある、そもそも借りられない、断られた

お金に困っているという経済環境は各自同じであるものの、置かれた状況は異なりますのでクレジットカード現金化をせずに補える方も居れば、クレジットカード現金化する業者を必要とする方が、自ずと現れることは確かに理解できます。

ショッピング枠が利用できる状態にある方の中には、キャッシング枠が付属されているクレジットカードをお持ちの方であれば、間違いなくクレジットカード発行元から借金をする方が理想的です。

しかし、これが複雑な仕組みとなっており、キャッシング枠とショッピング枠が一体になっている、もしくはそれぞれの与信枠が独立している契約条件もあり、なかなか的確にどうしたらよいのか伝えることが難しいのです。

総じて言えることですが、どの金策におきましてもサービス提供者側に手数料を差し引かれることは覚悟の上で利用しなければなりません。

クレジットカード現金化するということは、審査も無く借金としての履歴が残らず、周囲にバレにくい形で調達するマストな方法ではありますが、これと引き換えに貸金業者よりも高い手数料の発生から逃れることは出来ません。

比較サイトを通してもデメリットは無くならない

情報掲載量が豊富な比較サイトの閲覧をしても、たしかによい事も悪い事もあると記載されていますが、基本的にデメリットが含まれていることを理解して申込むことをオススメしています。

よい事ばかり書いてある比較サイトは広告報酬目的で運営されておりますので、私たち消費者が気を付けなければならない事は、店員の対応だけじゃなく、比較サイトまでも注意しなければ満足に利用できないという現状です。

申し込んでから利用する手続きは簡単ですが、お店選びを間違えると悪徳店も優良店も変わらず、そのまま手順が進められるために、利用してから「実は悪徳業者のカモにされていた」という最悪の事態になり兼ねません。

管理人

消費者庁や国民生活センター、ならびに当サイトのような注意喚起サイトを閲覧した上で、貴方はそれでもクレジットカード現金化するのですか?

なぜ利用しないでくださいと言われているのか、根本的な部分について触れる比較サイトは数少なく、業者に至ってはまったく説明がなされない、利用後は知らぬが仏とでも言わんばかりの簡素な説明をする店員が非常に多く見受けられます。

管理人

確かに利用する事を強要したり、磁気カードそのものを勝手に決済されているという様子でもなく、どんな換金率・還元率、換金に至るプロセスが異なれど、申し込みした人の承諾と同意を持って手続きが進められる事がどの業者も共通しています。

さらに、今現在も何サイトも専門業者が現存し、同一サイトが何年も営業を続けている背景には、業者を利用している人の存在がクレジットカード現金化する事業として、あるいは事業としてやっていくだけの利用者が、数多くいるということの証明でもあります。

利用後のトラブルが多いのであれば、利用者からのクレームによって長い年数を経過できるものはないでしょうが、比較サイトで紹介されることが無い、あるいは情報量が少ない新しい業者につきましては、どんな仕組みで、どのようなプロセスで換金に至るのか気を付けるべきであり、申し込みをオススメする事はできません。

苦渋の決断は人生における局面であり、避けられぬイベントです。

まったく同じ状況の人なんて居ないのですから、他人のアドバイスも無意味かもしれないけれど、一クレジットカード現金化した経験者としては、後悔しない様に祈っています。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。
関連記事
基礎知識

比較サイトも業者のホームページと同様に注意して見る必要がある

2017年11月12日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
クレジットカード現金化する事に限った話ではありませんが、比較サイトや企業のサイトなどは誰かが作ったものであり、当サイトもその例外では有り …
基礎知識

クレジットカード現金化する事で後悔しない為に

2017年11月9日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
クレジットカード現金化する業者の口コミや体験談の多くは、換金する事に対して利用して良かったという内容が多く目立つのですが、すでにあらゆる情報が出回っている中で、使い方を誤ればま …