基礎知識

クレジットカード現金化する業者は土日もOK

少なくともクレジットカードを所有しているということは、どのような雇用形態であれ働いていて固定収入がある方だと推測されます。

これは発行する側も、収入が無ければ支払いが出来ない事を十分に理解しているからであり、私たちも発行する側なら収入が無い人に対してサービスの提供などしたくありませんよね。

多くの人は、平日に仕事をしたり場合によっては朝が早かったり、夜遅くまで仕事をしていたりと、買い物でも何でも何かしようと思ったときに、そのようなサービスは自分の勤務時間と営業時間が重なって時間が取れないという場面は多々あるでしょう。

とくに行政サービスは暦通りですから、出勤時間を変えたり有給を取得する方もいるでしょう。

社会人になれば、一日の割合のほとんどをが仕事で覆われる事は珍しくありませんよね。

業者も、資金需要者等のこうした背景からか、営業時間の平均はおよそ12時間前後であることが多く、早い業者ですと午前8時あたりから午後9時までが相場の様子です。

中には、故意に営業時間を長くし、午後11時までやっていると見せかけて実際には午後7時までしか営業していないとする業者があるという記事がほかの比較サイトで確認されています。

管理人

実は当サイトでも営業時間については、表記通りに営業していないケースを多々確認しており、とくにわかりやすい例と致しまして、5月中のゴールデンウィークや年末年始といった国民的な行事、大型連休の際には意外にも休業日を取っているところが非常に多いのです。

そこで休みの告知がホームページ上で見られるのですが、休みのお知らせをする告知文や告知文の装飾がまったく同じの業者も確認され、このような事から一つの業者が複数店舗を運営していると考察する事ができますが、当然すべての業者が365日の営業について嘘を付いているということは無く、優良店3選で掲載されている店舗につきましては営業を確認しています。

※営業をしているからといって即日振込が可能である場合と出来ない場合が予見され、互いの金融機関の合致が土日祝日の取引には必要になります。

金融機関の営業日次第では即日対応が難しくなる事は当然で、例え取引しないと致しましても、サービスの内容上、連絡を取りたい時に繋がらないところよりも、確実に連絡が取れるところの方が安心ですよね。

他の比較サイトでは評価・評判の項目として挙げられる事が少ない営業時間の項目ですから、こうした観点から比較する事も大切ではないでしょうか。

このサービスを利用するにあたって、もっともリスクヘッジとなるのは比較サイトを通した情報を集める事、現金を手に入れるメリットと引き換えに被る恐れがあるデメリットについて知る事は無駄になりません。

お盆休みでもクレジットカード現金化する業者は営業中

大型連休中ですと、前述した様に金融機関の営業日の兼ね合いが肝になります。

店舗の多くはネットバンキングを利用する事から、どれだけの金融機関の口座があるか、利用者のニーズを汲み取っているところは複数用意している傾向にあり、充実している店舗ほど営業時間や営業日が長く、休みなく営業している印象です。

お盆も世間的には多くの人がお休みとなる為に、支出する機会が多くなる期間となりますが、休業日とする店舗もこれまで当サイトでは見てきました。

しかし、毎年同じように休みを取っているのかと言いますと決まりは無いようで、時には何でも無いような土日にシステムメンテナンスと称して休みを取っている店舗もありました。

POINT
現在掲載中の優良店3選につきましては、24時間365日休みなく受付が可能である事もまた評価のポイントとして加味しています。

このようなサービスとは言え、お盆でも営業をしている店員の方に対しては頭が下がります。

クレジットカード現金化する業者の営業時間は地域に左右されない

よくある消費者金融の様に、クレジットカード現金化する業者の無人機がある訳ではありませんが、場所や時間の制限が現金調達手段の中で比較的受けない事はメリットの一つと考えられています。

当サイトでもクレジットカード現金化する大阪の業者札幌でクレジットカード現金化する業者をご紹介していますが、実は地域にこだわる必要性が無くなっているのが現状です。

クレジットカード現金化する業者は、全国各地関係なく来店不要・無審査!誰でも簡単確実に即日現金調達OK!

インターネットショッピングサイトが全国どこでも同じ価格で販売しているのと同様に、業者も全国対応をしている業者が多く、地域の違いが換金率・還元率を生むことはありません。

現金調達方法の主要な大手サラ金では、およそ7割から8割の人が無人契約機を利用して申し込んでいると言われています。

急な出費の内訳、理由や現金調達方法の手段は問わず、何にせよお金を借りるという行為は誰しもが以下の心境を抱くことになります。

  • 後ろめたさ
  • 後悔
  • やましさ
  • 負い目
  • 格好悪さ
  • 恥ずかしさ
  • 自己嫌悪

など、総じて劣等感な思いにはせられるもので、不安を強いられます。

自分の中で上記の事を抱えますと、他人、しかも知人であっても相談する事は勇気がいる行為です。

管理人

借金する側の心理としては、出来ればなるべく貸し手側の人とさえも顔を合わせたくないと思うのはある意味正常な心理状態なのではないでしょうか?

お金を借してもらうクセに何を自分勝手な!と思われるかも知れませんが・・・実際自分の経験的にもそんな感じの心境でした。

そんな顧客心理を考慮して「むじん君」などと無人機に名称を付けていた時代もありましたが、これを皮切りにサラ金各社に無人契約機が導入され、全国各地に急速に普及してこれがヒットしたわけです。

まぁー無人機といったところで実際には事務所のモニターには自分の顔や仕草は写ってしっかり見られているんですが(笑)。

要は貸し手側の人と直接的に対面じゃなければそれでよい訳で、融資審査の対面だけではなく、借金している自分を知合いや会社の人に見られたくないと思うのもごくごく普通の心理ですよね。

人間とは都合が悪いことや格好が悪いことは人に知られたくないものですよね。

大部分の人はサラ金で借金している事実は隠したい心理が働きますので、サラ金の店舗は駅前でも目立たない雑居ビルの数階に構えていたりするのです。

判り難い表現かも知れませんが顧客心理的には「入りやすいところが入りにくく、入りにくいところが入りやすい」といった感じでしょうか。

クレジットカード現金化する方法なら、PCやスマホなどのインターネット端末でのWeb手続きで完結するので、契約の際に店頭での対面はありませんし、知り合いに見られることなく現金調達することが出来ます。

POINT

最近モビットなどのカードローンサービスでもWeb手続きで完結するものが出てきておりますが、実際に手元にカードが届くまでにある程度の日数が掛かるだけでなく、サラ金の店頭に出向いての即日融資も何だかんだで時間と労力がかかりますし、場合によっては借りれないこともあります。

お手持ちのクレジットカードのショッピング枠が空いていれば、消費者金融などの即日融資より早く、そして確実にお金を調達することはメリットに数えられます。

申込から現金が手元に来るまでにかかる時間は業者により異なりますが、当サイトでご紹介している業者は手続き完了から最短5分で振込みしてくれます。

店頭融資の対面審査が苦手な方や店舗に出向いている姿を人に見られたくない方や多忙で店舗に出向く時間的余裕がない方にとってはピッタリの資金調達手段と言えるのではないでしょうか?

ただ、いくら便利だからといってもカード決済した商品の購入代金はVISAカード等の利用したカード会社に返済する必要がありますので、使い過ぎにはくれぐれも注意してください。

クレジットカード現金化する業者の広告掲載は、総量規制直後に公安委員会から通達された規制依頼に基づき、様々なメディアで掲載基準NGの指定を受けています。

一部では、いまだ街中に建つマンション最上階の該当看板(横浜に有りましたよ!)や、路上の捨て看板広告(とある温泉郷で発見しました)が細々と確認する事が出来ます。

線路沿いの広告掲示板でも確認することが出来ますので、注意換金の有無を理解していないのか、掲載料金欲しさ故の判断なのかはわかりませんが、現在でも確認することが出来たのですが、皆さんは見たことはありませんでしょうか?

こうした路上看板系は無店舗型よりも圧倒的に実店舗型で運営されている業者の数が多く、無店舗型はWebはもちろんですが、新聞の広告枠に掲載されている事を確認出来ます。

新聞の中でも、若い人はあまり見る事が無いあろう、エロコンテンツの入った夕刊紙はこのようなグレーっぽいと言いますか、ちょっとアングラな広告や求人広告がよく見られるのですが、その中でも「カードで換金」という言葉遣いで掲載されている広告がまさに業者になります。

この「カードで換金」という表示にしている理由について、新聞広告を取り扱う広告代理店に問い合わせをしたところ、やはり断定的な表現は控えているという回答が得られました。

管理人

こうした地域性のあるアナログ広告は知られていますが、実はインターネットにおいても同様にその「地域+クレジットカード現金化」と打ち込むと、地域別に検索結果が異なることがわかりますでしょうか?

てるみくらぶの新聞広告への広告出稿について取り上げられる事もありましたので、皆様も比較的理解しやすいと思いますが、サービスに対する理解では無く、発信される情報の裏側について深く探ったり、考える能力は比較的若者の方が長けています。

クレジットカード現金化する業者はネットで知る機会が多い

とくにネットに疎い方は最寄りの地域でサービスを探す傾向が多いようで、ここに集客の可能性を感じる方が多いのか、そのような地域性を取り入れた検索順位対策をしている業者や比較サイトがあるのです。

これはこのサービスに限った話ではなく、あらゆる業種や商品で広告、プロモーションの一環で当たり前に行われている事です。

全国各地の地名を用いる場合にいたっては、地域名を集客に利用する事を目論んだWebページは必然的に中身の薄いコンテンツとなっており、際立って目立つ言葉としては・・・「【地域名】でクレジットカード現金化するなら●●!」という感じです。

管理人

一昔前は、タウンページやハローページで多くの人の目に触れる事を目的として、社名をア行から始まる名称にするという対策がありましたが、感覚としてはこれと似たものです。

しかし、なんでその地域でそのお店が推奨されているのか、詳細が無いので意味がわかりません・・・。

普段からネットサーフィンをする方ならこのような簡易的な作りが何を意味するかは、すぐに察知できると思います。

無店舗型が業界市場の中心に有りますので、こうしたネットに関する最新事情を取り入れる事もお手の物ということです。

最近では限られた需要を表すように、他の店舗の屋号、つまり店名を利用し、その店名で検索するその店の既存顧客を奪う為の対策など、ネチネチした攻防が繰り広げられている様子が確認できます。

狭い市場規模の取り合いをする業者の頑張りを傍観するのも情報通信の勉強になります。

本来無店舗型であれば、全国各地場所問わず対応できることがすでに基本ですので、本当に優良店を見つけようと考えているのであれば、例に挙げた情報サイトを経由した申し込みだけは避けるようにしてください。

その地域で根付いた営業という考え方は、通常対面して取引する商売が基本的です。

申し込む側の所在の違いによって対応が変わる様な事、たとえば特定地域だけ換金率・還元率を優遇するという様な対応をし、業者間での差別化では無く、顧客を差別化する事はこのサービスに関しては優良業者とはお世辞にも言えません。

また、申し込みする側もお金の悩みという特異な精神状態とは言え、店員に対しても横柄になってはいけませんし、ショッピング枠が無いのにも関わらず、これを超える金額を要求したりしても無意味な事であり、互いにとって気持ちよくないはずですからしっかりとこのサービスで何が出来て何が出来ないのか理解しましょう。

全国対応が出来る業者も、対面して取引をする業者も出来る事、出来ない事は同じです。

気を付けて

ところによっては出張サービスをすると告知されていますが、あくまで営利目的、営業活動の1サービスになるので換金率・還元率に影響が考えられます。

無店舗型の出張サービスを利用するくらいなら店舗型業者に出向いた方が結果的に条件が良かったりしますので、当サイトでは利用するメリットはあまり無いのではないかと考察しています。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。
関連記事
基礎知識

クレジットカード現金化する優良店とは?

2018年2月8日
クレジットカード現金化の口コミ優良店【=ショッピング枠現金化】
とくに掲載される店名が多ければ多いほど迷ってしまう訳で、優良店と呼ばれる店は全体の総数から評価されるべきであり、まるで掲載される店舗がすべて優良であるかのような構成も確認できま …