基礎知識

Amazonギフト券現金化を徹底解説します!

この記事を要約すると…

  • Amazonギフト券が換金対象となっている背景を知る事ができる
  • Amazonギフト券と従来のクレジットカード現金化する業者との違いを知る事ができる
  • Amazonギフト券現金化業者の危険性について知る事ができる
これまでにクレジットカード現金化する時の仕組みと言えば、何等かの商品購入を必ず行い、それに対する還元や商品の買取代金として申込み者が現金を受け取るという単純な図解で取引されていました。
管理人
しかし、konozamaと呼ばれるAmazonギフト券を買取する業者が突如現れ、リスティング広告や掲示板等への書き込みなどで次第に認知されるようになり、同法人が運営する日本初のAmazonギフト券専門換金とする市場を起ち上がった事が発端です。

Amazonギフト券現金化でクレジットカードが利用停止になる!

Amazonギフト券はすでに換金率が高い商品として、商品券やギフト券、その他金券類と同等にクレジットカード決済による購入には利用停止のリスクがあるだけでなく、発行元であるAmazonもすでに周知している状況です。

クレジットカード現金化する行為にあたって、指定された商品を購入しようとする行動は当然のことですが、前述したように業者では決済に関わるトラブルについて何も保証をしなければ、「クレジットカード現金化」と謳っていながら「うちは買取業です」と言ってシラを切るのが手口です。

まとまった現金を必要としている方であれば、購入する必要がある商品の対象の特徴を知っておきましょう。

  • 利用停止になる可能性が高い商品
  • 高額な決済金額
  • 普段利用しないような決済の明細が挙がる

このように、明らかとも言える特徴が目立ちます。

とくにAmazonギフト券を用いられる場合、買取する側の業者が再度市場で売り捌く際に、捌きやすいよう1口を1万円から数万円程度に小分けにさせ、総額の買取金額として利用者に対して現金振込がされるのですが、ここに利用停止の落とし穴が隠されているのです。

基本的にまとめ買いは警戒されています。

クレジットカード現金化する為の商品としてAmazonギフト券が利用されている実態について、クレジットカード会社は今まで以上に目を光らせています。

小分けさせて購入しますので、通常であれば1回で必要な金額を入力し購入するという行動こそが普通の買い方ですが、クレジットカード現金化する事を目的にした購入は非常にわかりやすく、なぜか複数回数の購入であり、さらに総額の金額はキリがよい数字になるからです。

注意
クレジットカード会社はもちろん、その商品の発行元でも一切の関与を認めてはおらず、楽天ポイントを発行する楽天では、換金市場を名指しして公表しています。

近年こうした商品があらゆる詐欺事件における、マネーロンダリングで利用されている事はすでに他の比較サイトでもこうした情報について問題提起がなされているだけでなく、クレジットカード現金化する目的で購入される方というのは、業者に指示された「決まった」行動をしますからシステム的な検知が容易なのではないでしょうか。

換金率が高い商品は誰もが簡単に想像ができます。

そんな状況の中で、まとめ買いすれば誰もが「こいつはほぼクロだな」と判断出来ますよね?

別にクレジットカード会社で勤務していなくても簡単に想像できる事ですから、内部では丸見えでしょう。

極端な話をすればクレジットカード現金化する事が目的ではなく、最初から転売で利益を上げることを目的としているような方でも、クレジットカード会社から警戒され、最悪の場合には即、利用停止となることがあるのです。

クレジットカード会社というのは思っている以上に敏感に反応しますので、いつもと違う使い方をすれば、それだけで確認の電話を入れてくるようなこともあるのです。

クレジットカード現金化する業者でAmazonギフト券が使われる背景には、利用者のユーザービリティよりも業者に取って非常にリスクヘッジが出来て、理に適った方法で集客をすることは出来る都合のよい商品なのです。

Amazonギフト券現金化にも違法性はある!

Amazonギフト券現金化は違法性が無いとして広告をする業者が目立ちますが、これは事業者という立場上、このように主張しないと商売が成り立たない為です。

管理人
従来より存在するクレジットカード現金化する業者でも、Amazonギフト券を扱うところがあるように、単純に何を換金の対象にしているかの違いだけであり、Amazonという誰もが知っている商標を使う事でハードルを下げようとしているということです。

当サイトでは、定期的にAmazonギフト券現金化業者の運営状況についてリサーチしています。
サイト内記事:Amazonギフト券を使った業者の古物商営業許可番号一覧

さらにこの換金の仕組みは買取の概念の元で取引されるのですが、新古品・ギフト券・商品券・金券という考え方により、古物営業法に抵触する可能性について言及されるのですが、電子ギフト券は対象にならないとして、公安委員会の許可を取得していない業者が目立ちます。

つまるところ、これまでの違法性に対する考え方はAmazonギフト券現金化でも考えなくてはいけません。

Amazonギフト券という誰もが知っている企業の商品券ですから、これまでには考えられなかった悪用による被害が発生しています。

下記に換金業者や詐欺師との関係について記述していきます。

Amazonギフト券現金化業者や詐欺師が悪用している実態がある!

Amazonギフト券のご購入に関する注意

クレジットカード現金化する業者が、換金をする為に用いる商品として扱い始め、最近では珍しいということも無くなってきました。

当時より取引された金額をサイト内で公表しており、会員登録しなくてもその市場の盛り上がりを見ることが出来たのですが、サービスが軌道に乗り始めた時期に投資会社が買収し、買収先の会社が既存サービスの露出を強めたことにより、世間に換金市場の存在を認知されるようにまでなりました。

POINT
当初はクレジットカード現金化する行為を、「自分で行うことも出来る」という触れ込みで営業されていましたが、次第に買取サイトが閉鎖され、換金市場一本で事業を進められており、Amazonギフト券の需要や換金性の高まりにより、クレジットカード現金化する目的以外の利用者も急増していると予想されています。

換金市場の存在がそれを急成長させたと言っても過言では無いのですが、今現在国民生活センターを始め各メディアで取り上げられている「プリペイドカード詐欺」なるものです。

一番格好の的とされているのがネットで購入できるタイプよりも、コンビニやスーパー等で売られているタイプのモノで、ネットで購入した場合には紛失などのトラブルに有ったとしても、再送する事は出来ます。

管理人
しかし、コンビニで購入するタイプは同じコードを再発行する仕組みは存在せず、ほぼ100%の確率でどの店も返金・返品に応じてくれることが無く、現金と同額の価値で利用できるプリペイドカードということも有り、被害額は甚大となっているようです。

現金決済→電子マネー→Amazonギフト券などの電子ギフト券

上記のように、時の経過とともに詐欺師から求められる決済方法も変化してきているのです。

クレジットカード現金化する目的での購入が、「まだ優しくさえ感じられる」ほどに、アダルトサイトの架空請求目的や投資詐欺、個人間のあらゆる詐欺手口におきまして、自身の金融機関口座を相手に知られることなく詐取出来るとして、詐欺師たちのツールとなっている実態があります。

プリペイドという特性により、クレジットカードのように紛失や盗難にあったとしても、発行元は何も保証や対応に応じてくれるコトがありませんので、購入時にはじめてコードが送られた者に対して所有権が移り変わりますので、のちのトラブルはすべて自己責任扱いとなっています。

クレジットカードは自分自身のものであるし、媒介物には所有権が存在する・・・しかもトラブルは応じず、これまでのクレジットカード現金化する業者が負担していた決済手数料の支払いも無い・・・換金市場もあるし資金洗浄したお金を業者は入手できる・・・とんでもない世の中です。

ABOUT ME
平沼平治
平沼平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。